加計呂麻島の自然生活-Nature Life in Kakeroma Island-

奄美 加計呂麻島(カケロマ)の生活 シュノーケリング スキンダイビング シーカヤック エコツーリズム ドルフィンスイム フリーダイビング YOGA パーマカルチャー 水中写真 海の生き物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サッカー中国戦

僕はサッカーが大好きなので、もちろん今日の日本代表の中国戦を全神経を集中させて真剣に観戦した。
今までサッカーの試合を無数に見てきたが、今日の試合のレフリーが史上最悪最低だった。
というか、もうスポーツでなく中国を勝たせるための試合を行っているという感じの、ハチャメチャなジャッジ。
前半からおかしいよーと思いながら見ていたけど、後半になり過激にエスカレート。
もう、あきれてしまうぐらいハチャメチャ。
後半になり中国の選手の運動量も落ちて戦術も上手くいかない。
一方日本は、ゲームを支配する素晴らしい展開。
すると、中国選手はラフプレーのオンパレード。
しかも、レフリーは反則を取らない。
もう試合自体がいやーなムードになり、ケガ人や乱闘が起こりそうな雰囲気。
案の定安田が派手にやられたが、あれだけで済んで良かったと思えるほど酷い内容だった。
かなりの不満と怒りを溜め込みながら冷静にプレーして勝ちを収めた日本代表に感動した。

こんな試合をラテン系の国にやったら、大乱闘がおきてとんでもない大事件になる事だろう。
普段温厚な自分だが、怒り爆発して下町の熱いDNAが騒ぎだしていた。こんな時ラモスがいたらと思いながら、岡ちゃんキレろ!!と願っていた。
岡ちゃんは、抗議していたがキレてはいなかった。
日本人の国民性が怒りを抑えて、勝利を手に入れたのかもしれない。
でも、試合後きちんと抗議して二度とこんな試合が起きない様にしてもらいたい。
中国の餃子事件や色々と不正な出来事があっても、感情的には思わなかったが、今日のサッカーで中国という国のマナーの悪さ、スポーツにまで汚い行為した事にマジで腹が立った。



今日も中村憲剛が素晴らしかった。見る度僕の評価は上がっている感じ。
特に今日のボランチのポジションから、広い視野でパスをちらし、いつでも決定的な一本のパスまで狙う姿勢に格の違いを感じた。しかも、長短のパスの正確性、ダイレクトプレー、イマジネーション豊かな展開力、試合中も14番ばかり見てしまう。
次の韓国戦もボランチで見たいものだ。
今日の感じだと、ダブルボランチが良さそうな感じ。
FWが点を取れない日本代表は、ワントップでトップ下の選手が得点を狙う今日みたいなののが現実的で効果的な気がした。山瀬の決定力に今後も期待。
鈴木も今野も良かったが、キーパー楢崎の冷静な判断と集中力高いプレーが勝利に大きく貢献したと思う。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kakeromablue.blog116.fc2.com/tb.php/73-f5c0a6a0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。