加計呂麻島の自然生活-Nature Life in Kakeroma Island-

奄美 加計呂麻島(カケロマ)の生活 シュノーケリング スキンダイビング シーカヤック エコツーリズム ドルフィンスイム フリーダイビング YOGA パーマカルチャー 水中写真 海の生き物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さんぽ と ゴミ問題

風景

夕方、浜辺を歩いていたら、気分が乗ってきて近所を歩いてみた。
目の前なのにあまり行かない場所を歩いてみると、新鮮な景色にわくわくしてくる。
磯に降りて、岩を飛びながら岬の先まで行くと、集落とは別世界の静かな場所だった。
日没前の静かな海と岩の感じが良かったので、デジカメで撮影。
小さな砂たまりがあったのでヨーガもやった。
やっぱり、空の下でやるヨーガは最高。
頻繁に通ってしまいそうな場所を発見できて、うれしい収穫。

さんぽしていると気がつくのだけど、残念な現実もある。
それは道端に捨てられたゴミ。
島に住んでるとあたりまえだから麻痺してくるが、ゴミをその辺に捨てる人の割合が異常に多い。
ゴミのほとんどは、ビールの空き缶とタバコの吸い殻なので大人の行為である。
大人がゴミをあたりまえに捨てるから子供達も普通にマネしていくのだろう。
それが伝統文化の様に受け継がれてきているという印象を受ける感じなのだ。
自然環境が豊かな場所だけに、学校の授業でも環境保護の教育にチカラをいれてもらいたい。

Comment

いなば says... ""
南伊豆の渡し船の船頭さんも、たばこの箱をつつんであるプラ、海に捨ててたなー。
昔はゴミも分解できるもんばっかしだったんだろうけど・・・魚の骨とか。
ゴミの質も量も昔とは違ってきてるし、人も増えてるにも関わらず、「習慣」だけが変わらず残ってるのかもね。
2008.02.19 09:23 | URL | #- [edit]
山の子 says... ""
素敵な景色が目に浮かびます。
考えのない大人の行動によって、子どもはそれを普通だと思い成長していく。とても残念ですね。
2008.02.19 11:15 | URL | #Z5BJfD0o [edit]
Little Life says... ""
いなばさん

田舎はゴミのマナー悪い傾向にありそうですね。
僕も各地で海にタバコを捨てる人、見てきました。
温暖化も末期症状になって、今頃気をつけているけど、環境破壊も末期症状になるまで何もしないのが、日本政府や瀬戸内町役場なんだと思います。
ほんとゴミの質も問題です。自然に戻る素材で物作りして欲しいです。


山の子さん

まだまだ綺麗な場所がいっぱいあるのだから、豊かな自然を大切にする意識を学校と親が持って欲しいです。
子供がほとんどいない状況も、問題なんですけどね。
2008.02.19 21:22 | URL | #- [edit]
honyarara says... ""
私も、景色のいい所、空気のきれいな所にいくと、
「あ~ここでヨガしたいな」と思います。
小心者なので出来なかったりしますが。。
日本中、いや世界中にそんなところがたくさんあるといいと思います。
2008.02.19 23:12 | URL | #- [edit]
シナモン says... ""
カケロマの風景や、はぜの写真orリストで
そちらに行きたくなりました。この冬こちらは
寒い日が多く、春が待ち遠しく感じます。
私の居住する地域では、ゴミは有料化です。
分別、リサイクルと徹底的にやってます。
無駄がなくなり、節約にもつながりますしね。
しかし、まだ全国的に推進する事は難しい事
なのでしょうか・・・?





2008.02.20 13:36 | URL | #- [edit]
Little Life says... ""
honyararaさん

良い場所見つけると思いますよね。
僕も小心者なので、誰も来ない場所でしかできません。
島で人に見られたら、怪しい儀式だと思われそうで恐いですよ。
そんな場所大切にしていきたいですね。


シナモンさん

奄美のゴミ問題は深刻です。そちらよりも何年も遅れていると思います。全国的に推進する事は可能だと思うのですが、各地方の行政のやる気がないかぎり難しいかもしれませんね。
カケロマもそうですが、あらゆる場所で、美しい自然を今見ておかないと、もしかしたら近い将来無くなるかもしれないと思ってます。ゴミ問題以上の環境破壊がたくさんある国ですから。
2008.02.20 23:12 | URL | #- [edit]
まーくん says... "捨てる神あれば、拾う神ありと言われました。"
ハブ取りに連れて行ってくれたおじさんが車から空き缶をポイッと捨て、行った言葉です。悲しくなりました。でも、瀬戸内町役場の観光化の女の人に話すと、すごく真剣にこのことを考えてくれた人がいたけど、留学しちゃったんだったかな。

プラスチックごみは、細かくなると拾いようがなくて一生消えない。
とっても深刻な問題だと僕は思います。
2008.03.05 00:51 | URL | #- [edit]
Little Life says... ""
まーくんさん

ひどいおじさんですね。
デスノートに書いて、死神の制裁を与えてやりたいです。
ゴミを捨てる人は、ゴミを拾わない
ゴミを拾う人は、ゴミを捨てない
という法則があるらしいですよ。
奄美の古仁屋港の海底は、空き缶が積もり積もって層になってます。
悲しい現実です。
役場のゴミに対する意識は極めて低いです。都会の何年も後に環境問題騒ぐのが奄美のパターンです。
2008.03.05 05:52 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kakeromablue.blog116.fc2.com/tb.php/72-e2c1fc1a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。