加計呂麻島の自然生活-Nature Life in Kakeroma Island-

奄美 加計呂麻島(カケロマ)の生活 シュノーケリング スキンダイビング シーカヤック エコツーリズム ドルフィンスイム フリーダイビング YOGA パーマカルチャー 水中写真 海の生き物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プランクトンといっしょ

今日は鏡の様に静まりかえった海面だった。

午後から潜るつもりでいたら、雨が降ったり、厚い雲に覆われて薄暗い空。

水は透き通っていて、この天気でも水面から25m下まで見えている。

静かな海に、ひとりで素潜りするのは心細いのもあって少し不安なのだが、自然と向き合っている感覚はより強いと思う。

水面に浮かんで呼吸を整えていると、たくさんのプランクトンが流れていく。

そのプランクトンを魚達がパクパク食べている。

あたりまえだが、命は他の命のためにあり、循環しているのだ。

海の大きさから見たら、目の前にいる体長3mmのプランクトンも人間である自分もたいして違わないと思えてきた。

ここにタイガーシャークが現れて、自分の命がタイガーシャークの命にのみ込まれるのも、プランクトンとスズメダイの関係と何ら変わりない。

悩みが多い時代なので、小さな自分という枠にとらわれていると、精神的に苦しい世の中だと思う。

海や山の大きさを感じて、自然の命と自分の命を観てみると、精神的にとてもリフレッシュできる様だ。

Comment

good sun says... ""
海や山に溶けてしまう感覚はとても素晴らしいですよね。
2008.02.12 13:05 | URL | #- [edit]
natsuko says... ""
たくさんの命をもらって生き続けてきたから、自分が最期を迎えた時にこの体は生き物に食われて幕を閉じるのがいいなぁなんて、恐ろしいことを考えたりします。
でも人間は弱肉強食の頂点にいるから墓に入るものなんでしょうね。
少しずれますが、自分が死んだら骨は全部海にまいて欲しいと思ったりしますが、こういう考え方に対してはどう思われますか?
2008.02.12 22:57 | URL | #- [edit]
Little Life says... ""
good sun

山や海で過ごす時間は、素晴らしいですよね。
知らない人にも知って欲しいです。
そしてYOGAを通じて、もっと敏感に自然を感じ取れる事も知って欲しいですね。


natsukoさん

僕は死ぬ事は自然だと思うけど、死に方についてこうしたいとか考えた事ないですね。食べられても病気でも老衰でも、その時にまかせます。
自分の骨についても全く考えた事ないです。海にまくのが良いか悪いかも判断できないのが正直な意見です。
一般的にはみなさんお墓に入りたいんですよね。それもなんで?宗教的な何かあるのだろうか?少し興味わきました。
2008.02.12 23:20 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kakeromablue.blog116.fc2.com/tb.php/68-b6c98c01
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。