加計呂麻島の自然生活-Nature Life in Kakeroma Island-

奄美 加計呂麻島(カケロマ)の生活 シュノーケリング スキンダイビング シーカヤック エコツーリズム ドルフィンスイム フリーダイビング YOGA パーマカルチャー 水中写真 海の生き物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソーセージ持って来ないでね

シュノーケリングをする時に魚肉ソーセージを持っている人がいました。
つまり、魚達を自分の前に集めたいのです。
聞いてみると、どこかのサイトで紹介されていたそうです?!

野生動物に添加物いっぱいのソーセージをばらまくなんて、なんとなく不自然に感じるはずだけど、現地のガイドさんが勧めていたら良いと思ってしまうものです。

餌付けされた魚達は、警戒心を失いたくさん集まり、異常にまるまる太り、世代を重ねて奇形化していきます。
その姿を見て、「奄美の熱帯魚人懐っこくて、かわいい❤️」なんて思ったら、大間違いなのです。

自然界の魚は、流れてくるプランクトンを食べたり、サンゴのポリプをつついたり、魚の卵を盗み食いする者までいたりと様々な食事をしています。
そんな魚達をこっそり覗き見するのも楽しいですよ。

140808

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kakeromablue.blog116.fc2.com/tb.php/456-fd98bedb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。