加計呂麻島の自然生活-Nature Life in Kakeroma Island-

奄美 加計呂麻島(カケロマ)の生活 シュノーケリング スキンダイビング シーカヤック エコツーリズム ドルフィンスイム フリーダイビング YOGA パーマカルチャー 水中写真 海の生き物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第一回Little Life食料自給会議

ここ加計呂麻島に暮らしていると、「自給自足」という単語に出会う機会が多い。
例えば。
「カケロマで自給自足の暮らしがしたい。」
「自給自足の暮らしをしていて凄いですね!」
という声を聞いたり、謎の自給自足生活をしていると言う人が存在していたりと、ほんと「自給自足」によく出会う。
そして、Little Lifeも自給自足生活をしていると思われる事も多い。
しかし、僕は自給自足生活を優先しているつもりがないので、人から言われてもピンとこないし、否定してしまう。
食料の自給率を上げたいのは事実だし、自給自足的生活に近づけたい部分も多々あるのにしっくりこない。
よく言われる自給自足と自分の理想はフィットしないので、なんだか気持ち悪い感じさえする。

そこで、Little Life的生活の食料自給部門のあり方について考えてみた。
① 自分で手に入れる食料は、スーパーで買えないぐらい美味しくあるべし  
② 旬の食材を食材に合わせた調理法で美味しく食べる

今日は天気が悪いので、こんなこと書いているのだが、結局美食の追求以外思いつかない。
つまり、買ったら異常に値段が高かったり手に入りにくい食べ物を自分でゲットして、美味しく愉快に食べたい!これにつきるのである。

そこで、豪雨のカケロマでは夫婦二人による第一回Little Life食料自給会議スタート!!

まず自給自足という言葉のイメージ
先に謝っておきます。(勝手なイメージなのでお許しを!!本当は違うの知ってます。)

僕の中では、なんとなくのイメージで自給自足って健康的だけど質素な食生活のイメージがある。日本昔話の世界というか、着ている服も使い込まれた感じで。なんか生活感溢れる映像が再生される。
「そりゃ昔の人だよ!」とぷかぷかさん。
My Wifeのぷかぷかさんは、雑誌に出て来そうなシャレオツ女子が聞いた事も無い外国の野菜を作っているイメージらしい。そんな野菜をルクルーゼやストウブで炊いている感じ。

※みなさん、どんなイメージですか?

会議中の面白い話題

① 自給自足の本とかでは、農業色が強く、獲物を捕まえている感じがほとんどしない。農業中心だとタンパク源はどうしているのかしら?豆?卵?。魚ばかり食べている漁師的な人も取り上げて編集者さん!!

② 我が家に関して言えば、漁部門は順調だけど、農部門がさぼり気味。がんばらんば!!

③ 質素な日本昔話風自給自足より、シャレオツ派の方が美味しそう!!

④ やっぱり素材の旨味を生かした豪快な料理を作りたい。

⑤ エンジン付きの船で魚釣っていたら自給自足のイメージに反している?!やっぱりカヤックだよね!!

とにかく、自給自足と一言で言っても種類が豊富になると面白いはず。
その中のひとつのスタイルとして、Little Life的食料の自給について、今後真剣に取り組んで行こうと思う。

140623最近のお気に入り料理本

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kakeromablue.blog116.fc2.com/tb.php/450-6a1b3576
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。