加計呂麻島の自然生活-Nature Life in Kakeroma Island-

奄美 加計呂麻島(カケロマ)の生活 シュノーケリング スキンダイビング シーカヤック エコツーリズム ドルフィンスイム フリーダイビング YOGA パーマカルチャー 水中写真 海の生き物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅雨のカケロマで釣りバカ生活

GWの忙しさが落ち着いてから、梅雨突入の加計呂麻ではゲストも少なめでのんびりな日々が続いています。

この暇な時期、魚釣りに完全にはまってしまいました。
なんとなくのカッヤクルアー釣りでも、今まで多くの魚が釣れていました。
ところが、踏み込んではいけない世界に足をつっこんでしまったら、そこにはとてつもなく広い深い海の様なフィッシングワールドがあったのです。
それからというもの、本を買って勉強スタート。ネットで釣りの動画を探しまわったり、学ぶことがありすぎて目が回っています。さりげなくポロっと言った釣り師の一言が重要だったり、なんとも興味深い。
只今、頭の中は完全に釣りに支配されています。

そうそう、あまり釣りを知らない方にプチ豆知識。
魚釣りというのは、とても細かくジャンル分けされています。
人によっては、ある魚しかつらないとか、その釣り方しかやらないとか、こだわりオヤジ度がめちゃめちゃ上がってしまうクレイジーな世界なのです。
そこで、僕は自分と対話しました。
「どんな釣りが好きなのか?」「釣りのどんな感覚が好きなのか?」「どんな方法でどんな魚が釣りたいのか?」
なぜなら方向性が明確じゃないと極められないからなのです。様々な釣りをちょこっとずつ楽しむのも良いと思いますが、それでは遠回りだと判断しました。
ひとつの釣りを知るだけでも気が遠くなるほど覚えることがあるのです。

そして、僕が現在たどり着いたのは、シーカヤックを使ったジギング(ジグというルアーを使った釣り)です。
そのジギングを選んだ理由は、こちらがアクションを仕掛ける釣りであり、海中世界のイメージと情報処理に脳をフル回転させて対応する面白さがあるからです。
これまたジギングと言っても細分化していますが、僕は海の状況に合わせて対応できるために幾つかのジギング方法を習得したいと考えています。
カヤックなので風の強さによっては、できるジギングが変化するためです。

釣りにはまってからは、机の上の勉強とフィールドでの実践を繰り返しています。
すると、信じられない結果がついてきます。
僕じゃなくて・・・
カヤックの上でお弁当食べたりお昼寝までするぼんやり小町の妻の竿に。
なぜか、彼女の竿に大物がヒットするのでした。
魚釣りって?!だからはまるのかもしれません。

140602

140602b
僕が釣った小さめのスマガツオには興味が無く、妻の釣った大物にかじりつくサンちゃん。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kakeromablue.blog116.fc2.com/tb.php/448-40aedd02
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。