加計呂麻島の自然生活-Nature Life in Kakeroma Island-

奄美 加計呂麻島(カケロマ)の生活 シュノーケリング スキンダイビング シーカヤック エコツーリズム ドルフィンスイム フリーダイビング YOGA パーマカルチャー 水中写真 海の生き物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パッチリーフで遊ぼう!!

キンメモドキ
キンメモドキの群れ
サンゴモエビ
サンゴモエビ

加計呂麻には、パッチリーフと呼ばれる環境がある。

パッチリーフとは、砂地にぽつんとある根(岩礁)なのだが、そこの根にウミシダやらサンゴやらイソギンチャクなど色々な無脊椎動物が付着して、生きている岩礁となっている。
魚やエビ達が集中して暮らしているため、たたみ6畳ほどの根で様々な生物達が独特の環境で生活している様子が観察できる。

この季節なんといっても圧巻なのがキンメモドキとテンジクダイの仲間が作り出す大群。そして、様々なクリーナーシュリンプが増えて、大型のアザハタ、ユカタハタも守り神の様に存在する。
目を凝らして生物を探すと、コガラシエビやアナモリチュウコシオリエビ、オオメハゼ、フタイロハナゴイ、サンゴモエビなどなど次々生物が見つけられるから、カメラ片手に長時間滞在するのも良し、じっくり魚の生態行動を観察するのも楽しいパッチリーフなのである。

しかも、穏やかな場所なので初心者でも楽しめますよ~。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kakeromablue.blog116.fc2.com/tb.php/3-b9ed2e2f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。