加計呂麻島の自然生活-Nature Life in Kakeroma Island-

奄美 加計呂麻島(カケロマ)の生活 シュノーケリング スキンダイビング シーカヤック エコツーリズム ドルフィンスイム フリーダイビング YOGA パーマカルチャー 水中写真 海の生き物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遠い国から

今年は、ヨーロッパからお越しのゲストが増えた年だった。
月に一組ぐらい、イタリア、ドイツ、フランス、オランダと様々な国から加計呂麻島まで、はるばる遊びにきてくれた。合衆国からのゲストもいるから、なんだか国際的な加計呂麻島となっている。

ニュージーランドやカナダでも感じた事だが、自然の中で遊ぶのが好きなヨーロピアンは、加計呂麻島の自然や雰囲気はけっこう好みらしい。
僕自身もニュージーランドやカナダでのネイチャーツアーが好きなので、この辺がリンクしてくれている気がする。

Little Lifeとしても世界中からゲストが来てくれたらとっても楽しいから、広い視野と大きな受け皿を持ちたいと思う。

とりあえず、ヨーロッパのネイチャーツアーがどんなものなのか?実際自分の目で見る必要がある。
近年中に行かねばならないな~。


Comment

麻希 says... ""
オランダから参りました麻希です。お世話になりました!

ヨーロピアンは自然もさることながら、長い歴史の文化的価値を知り尽くしている人々なので、

カケロマの島の「そのまま残っちゃった」的な街並、風景、暮らし方に、多いに価値を見いだす民族だと思います。観光地化していないところがまた価値を高めるのですから。

なかなか日本中探しても、ないんですよ。そういうところって。

ヨーロッパのエコツアーも、オランダであれば探しておきます! (そもそもオランダのエコツアーっていうと、身近な森に行く系のお手柔らかな物しかありませんが・・・)
2010.12.16 23:50 | URL | #- [edit]
Little Life says... ""
麻希さん

メッセージありがとうございます。
「そのまま残っちゃった」という表現すごくいいです。その通りですよ。笑
僕もそこの部分が一番価値がある島だと思っています。
自然と文化を大切にして、さらに魅力的で豊かな島になる方向へ進んで欲しいです。
2010.12.19 00:16 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kakeromablue.blog116.fc2.com/tb.php/281-b0fb7e66
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。