加計呂麻島の自然生活-Nature Life in Kakeroma Island-

奄美 加計呂麻島(カケロマ)の生活 シュノーケリング スキンダイビング シーカヤック エコツーリズム ドルフィンスイム フリーダイビング YOGA パーマカルチャー 水中写真 海の生き物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シーカヤックツーリング in テレグラフコーブ

シーカヤックで野生のオルカと遭遇するのを夢みて、遥か南の加計呂麻島から、北緯50度以上もあるテレグラフコーブまで来てしまった今回の旅。

憧れのジョンストン海峡は目の前だ。

地図を手に入れ、現地ガイドから詳しい説明を受けて、超ワイルドな海へとパドリングスタート。

静まりきった水面に、広大な針葉樹林の森。

山の頂きには、雪が残っている。

カヤックから手を伸ばし海水を触ると、痛いほど冷たい。

空には、大きなハクトウワシが旋回している。

ブルケルプという大型コンブの森を抜けながら、偉大なる大自然に吸い込まれていく。

突然ブロー音。(ブローとは、クジラやイルカが呼吸する事。)

ブシュー♪ブシュー♪と呼吸音がいくつも聞こえた。

イシイルカの群れだ。

カヤックなので、静かな海の上でイルカの呼吸音が辺りに響き渡る。

僕は夢中になり、呼吸するタイミングに合わせてカメラのシャッターをきる。

撮るのは難しいけど、そのやりとりも楽しい。

ジョンストン海峡6


次に出会ったのは、アザラシ。

どうもコロニーらしく、あちこちからポコポコ顔を出しては引っ込む。

モグラたたきみたいで面白い。

ケルプにつかまって、しばらく観察していた。

ジョンストン海峡2

ジョンストン海峡は、小さな島々が無数にあり、時には潮流が激しく流れる。

岸からすぐ近くで、400mも水深が落ち込む地形も独特である。

大きなうねりは、フィヨルドの島々がさえぎってくれるので入ってきにくい。

景色も生き物も、雰囲気も何だかとても気に入って、この後、無人島キャンプにチャレンジしたのだった。

ジョンストン海峡


ジョンストン海峡5


Comment

ぱっちん says... "あり?"
いつの間にか、外国に来てるわけ?
この前すれ違ったのにね。

ブログ読んでて、最初夢の話でもしてるかと思ったよ。
2009.08.08 10:22 | URL | #- [edit]
Little Life says... ""
ぱっちんくん

この記事は、6月の旅行でした。
なので、今は島にいるよ~。
遊びにおいで。
2009.08.09 17:08 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kakeromablue.blog116.fc2.com/tb.php/198-c2d7353a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。