加計呂麻島の自然生活-Nature Life in Kakeroma Island-

奄美 加計呂麻島(カケロマ)の生活 シュノーケリング スキンダイビング シーカヤック エコツーリズム ドルフィンスイム フリーダイビング YOGA パーマカルチャー 水中写真 海の生き物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀬戸内町役場制作の観光パンフ

今日、新しく制作された加計呂麻島と請島、与路島の観光パンフレットを見る事ができた。

瀬戸内町で気合いを入れて作っているという噂は聞いていたので、期待はしていないが気になっていた物。

なんせ観光情報が極めて少ない地域だけに、観光で訪れてくれる人達に、まとまった情報が詳しく伝えられるのは、素晴らしい。

そして、率直な感想は瀬戸内町らしいパンフレットができあがっていた。

人間の趣味は幅広いのでなんとも言いがたい。

加計呂麻島も色んな観光の仕方がある様で、うちみたいのは、特殊な部類みたいだと感じた。

ガイド業、案内する人の趣味によって、だいぶ違いがある様子。ひとくくりにされて、困ってしまうLittle Lifeなのだ。

うちは電話番号と名前が小さく載っているだけで、なんだかほっとした。

情報の裏側にある真実を見る事ができる人が加計呂麻島を訪れる事を願う。

どこかで、パンフ見てみて下さいな。

arari

加計呂麻島の素晴らしさは、人が足を踏み入れてない場所が沢山ある事。
自然環境以外なにも無い良さを味わえる。
こんなに水が透き通っていて海岸が美しい場所が、日本にどれだけ残されているのだろう?



Comment

kateri says... ""
野生の勘を頼りに、そして思いつきで決めたカケロマ旅行、すばらしい自然と人とにめぐり合い、本当の意味で豊かな心を持つことの大切さを学んだ旅でした。
同じところへの旅でもいろんな楽しみ方がありますよね。
 
2009.04.01 19:07 | URL | #- [edit]
Little Life says... ""
kateriさん

偶然の様で、必然的な旅だったように感じられました。
人と人とのめぐり合いは、その時の自分の状態によって、結びつけ合うのかもしれませんね。
うちに来ていただくお客様は、なんだか共通点がある人が多い気がします。きっと引き寄せ合うのでしょう。
2009.04.02 10:29 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kakeromablue.blog116.fc2.com/tb.php/181-d43947eb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。