加計呂麻島の自然生活-Nature Life in Kakeroma Island-

奄美 加計呂麻島(カケロマ)の生活 シュノーケリング スキンダイビング シーカヤック エコツーリズム ドルフィンスイム フリーダイビング YOGA パーマカルチャー 水中写真 海の生き物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はカヤックツーリングにしよう

旅行で身につけた脂肪も順調に落ちていっている。

特にYOGAのアーサナをする時間を増やしたのと、軽めの懸垂などの筋トレを始めてみた。

あえて運動しなくても、島での楽しみはアウトドアスポーツなので、意識しなくても体脂肪はそぎ落とされていく様だ。

お客さんがいない日も多いこのシーズン、僕の一日は朝ゆっくり起きて畑の植物と花をじっくり観察するところから始まる。

毎日やってくるジョウビタキという鳥やウグイス、メジロ、シロハラを流木に座って眺めたりもする。もう完全におじいちゃん状態。

それから、畑のイタリアンパセリやミニトマト、小ネギ、ブロッコリー、ミズナ、サンチュ、ダイコン、ルッコラなどから適当な物を取ってきて、ブランチを作って食べる。

食後にコーヒーかお茶でも飲んで、さて何して遊ぼうかと考える。

そこで今週はカヤックをセレクトした日が2日続いた。

ウエットスーツを修理していたせいもあるけど、なんとなく冒険心が強かったのだ。

1日目は、伊子茂湾から東に向かった。

サチユキとアキトクの半島を岬の先端ぐらいまで漕いでいった。
請島水道でザトウクジラでも現れないかと期待していたが、出会うのはアオウミガメとウミヘビぐらいだった。

カヤックより

請島水道から右に加計呂麻の加崎岳と左が請島、奥に与路島が見える。

カヤックより3

請島に近づくと最高峰の山が威圧感を放っていた。
今度、請島まで漕いで渡り、トレッキングシューズに履き替え山に向かって歩いてみようと思った。その時は最低一泊はキャンプにしようと、楽しそうな旅プランを思いついた。


2日目、ホームの伊子茂湾から西へ向かった。
西には加計呂麻でも難所の風崎がある、加崎岳のふもとにある岬の先端に位置し、潮流がとても速くなりやすい。しかも切り立った崖のため、風が集まって突風となる場合があるのだ。以前風上に向かって漕いでいる時、漕いでも漕いでも景色がほとんど変わらず、ほんの1km漕ぐのにかなりの時間を要した経験がある。

しかし、この日の風崎は、過去一番穏やかだった。小潮だから行ったのだが、流れも強くなかったし、なんせ風が弱かったので水面が落ち着いていた。そして、潮の流れが西から流れていたので、行きは向かい潮、帰りは潮に乗ってこれると判断。風も同じ向きだった。

それなので、もうひとつの難所大瀬崎を見に行ってみる事にした。
いつもは、風崎を超えると、無人島のスコモバナレが見えて、東シナ海の広大な水平線を見て引き返していたのだが、こんな穏やかな日は新しい景色を体が覚えるチャンスだった。

カヤックより2

風崎と大瀬崎の間は少し湾状になっているので比較的静か、その場所から大瀬崎を眺める。

このあと大瀬崎をまわり、西安室を見た。

何度も眺めていた加計呂麻の地図が実際自分が漕いでみる事により、体が地図を読み込んだ感じがして収穫だった。

大瀬崎の方が潮流が速く、大潮の日に間違っても来たくない地形をしていた。

帰りは予想通り簡単に帰って来れた。
静かな伊子茂湾に入ると急にお腹が空いてきて、おやつに持っていたチョコレートと黒糖を食べながら、楽しいパドリングは終了した。

時間はそんなに漕いでないけど、2日で40kmぐらい漕いだろうか。体はまだまだ漕げる感じなので、徐々に持久力をアップさせていき、加計呂麻の海岸線に沿って一周するぐらいは、簡単にやれるぐらいにしておきたい。

カヤックも素潜りも頂が高すぎて全く見えないが、少しずつ上に登る作業が登山の様で面白い。



Comment

ペンペン says... ""
カヤック目線で眺める加計呂麻って何か凄いですね。
山が異様に高く感じるし、地形がイメージと違う感じがする。
それに凄い距離漕いでますね~。
夏が暑くてヤバそうだから、意外と寒い季節がシーズンなのかな?
何かいい生活してますねー。

2009.02.21 00:16 | URL | #- [edit]
Little Life says... ""
ぺんぺんさん

カヤックはたぶん海の上で一番目線が低い乗り物だと思います。波があるときは目線の上に波があり不思議な感じがしますよ。
風崎の切り立った壁は、とてもダイナミックで迫力あります。
たしかに夏は暑いので冬は漕ぎやすいですね。
そのうち久米島まで漕いでいけたら面白いのになぁ。
2009.02.21 11:58 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kakeromablue.blog116.fc2.com/tb.php/172-2f96148e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。