加計呂麻島の自然生活-Nature Life in Kakeroma Island-

奄美 加計呂麻島(カケロマ)の生活 シュノーケリング スキンダイビング シーカヤック エコツーリズム ドルフィンスイム フリーダイビング YOGA パーマカルチャー 水中写真 海の生き物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スズメバチとの戦い 前編

ここのところ、全くダイビング屋のブログでなくなっているが、
今日も、かなりかけ離れた内容なのだ。

最近、僕の生活空間にスズメバチが巣を作っているのを発見した。

僕は3年前、スズメバチの巣の近くで草刈りしていて、いきなり囲まれ4発も刺された苦い経験がある。

あれから、あの「ブーン」という音にトラウマがあるほど、苦手な生き物となった。

それも、ハチの毒は2回目が恐いというのを知っているからだ。アナフィラキシーショックというアレルギーショック症状を起こす可能性があるらしい。

それでも、今回は退治しなければならない状況となってしまったのだ。

1日でも早くやっつけなければ、日に日に奴らの勢力は拡大する。
しかも、もうすぐ御蔵ツアーだから、早めに対決しなければ!!

蜂の巣
直径20cmぐらいの大きさ。

できるだけに安全に任務を遂行したい。
そこで、考えついたのが名付けて『要塞作戦』。
どんな作戦かと言うと、自分はテントの中に入り、完全な安全を確保した状態で、ジェット噴射殺虫剤『バズーカ砲』で攻撃するという作戦。
テントにハチが侵入しない様に、厚紙で改良までほどこした。
最悪侵入してきた場合に備えて、ハエタタキまで準備。
そんな原始的な接近戦は、絶対やりたくないけど。

バズーカ
『バズーカ砲』

夕方、奴らは全員巣に戻ってくらしいので、日没を待って戦闘開始する予定で、要塞を設置。昼間は外出しているハチが帰って来て、攻撃してくるらしい。これを業界用語で『戻り蜂』というらしい。

要塞
『要塞』

張りつめた緊張感の中、戦の覚悟を決めて

要塞に入り込む。

巣を確認。バズーカ設置。

ん・・・?

敵が見えにくい。

しかも、スズメバチの巣は穴が一カ所だけで、その穴にめがけて殺虫剤をおみまいせにゃならぬ。

どうも狭いスペースで穴に入る角度に要塞を設置するのが難しそうだ。

しかも、テントのネットだと日が暮れるに従って、巣自体も見えにくくなる。

とりあえず、見えるうちにと思い軽くバズーカを発射。

見張りのハチ2匹ぐらいをやっつけただけで、普通に働き蜂が出入りしている。

こりゃいかん!!

「撤退」

後半に続く

Comment

natsuko says... ""
なんだか面白いですね。「僕と蜂との○日間戦争」って感じで。

私が聞いたのは、スズメバチは明け方は行動が鈍いからその時に殺虫剤をかけるといい、でした。

もう4年ぐらい前ですが、やっぱり同じくらいの巣の大きさのときに、朝早く(明け方には起きられなかったので)見に行くと、もう巣の上を4~5匹這い回ってました。
よし!と覚悟を決めて殺虫剤をジェット噴射すると、あっというまに飛び去って行きました。
戻ってこないうちに、箱を巣にかぶせ、下敷きのような薄いプラスチックで巣を剥ぎ取り、そのまま開けずにガムテープで梱包(笑)。
ごみに捨てました。

それからというもの、スズメバチは巣を作りに来てません。
2008.06.10 08:55 | URL | #- [edit]
aiko says... ""
スズメバチは ホントに2回目が怖いので(死んじゃうこともあるらしい)、真面目な話なんですが・・・

なんだか色々手作り感満載で、読んででニヤけてしまいました。
ハチと格闘する姿を想像しちゃってさらにニヤけてしまい・・・(笑)
不謹慎ですみません。
でも、ホント 気を付けて下さいね!!
無理は禁物ですよ!!
2008.06.10 22:29 | URL | #- [edit]
くよん says... ""
あたしも笑ってしまいました 失礼
篭城作戦の続きが気になります
しかし4箇所も刺されるなんて
怖いですね 痛かったでしょうね
スズメバチくらいになるとさされたらアンモニアじゃ応急処置きかないんでしょうし 
蜂は台風が少ない年は低いところに巣を作るとかいいますよね
でも共存って危険が多すぎる相手だから
気をつけてくださいね
2008.06.10 23:12 | URL | #- [edit]
Little Life says... ""
natsukoさん

すごい!!
女性でスズメバチと対決した人、はじめて聞きました。尊敬します。
やっぱり防護服でディフェンス固めましたか?
僕は一度も刺されてなかったら、かなり気軽に軽装で対決しちゃいそうですが、あの恐怖体験と二度目という事で、そうとう慎重になってます。
巣が小さいうちの退治が大切みたいですね。スズメバチは何種類もいるみたいで、攻撃性も違うみたいですね。


aikoさん

対決の結果は、後編をお楽しみに。
無事に御蔵で会える事を願っています。
色んなアイディアを出していたので、この1年で一番脳を使った気がするぐらいです。
命がけですから。
少し面白いでしょ。書いている自分もバカだと思ってました。

2008.06.10 23:20 | URL | #- [edit]
Little Life says... ""
くよんさん

刺されたら、めっちゃくちゃ痛いですよ。
子供だったら死ぬんじゃないかと思ったぐらいです。
あちこち刺されたから寝返りうてないし、熱が出るしで大変でしたよ。
しかも、刺された直後に医者にも行かずに、海に潜ったのでした。
ひんやりして、少し楽でした。
ヨーガのクジャクのポーズが毒消しになるとか何かの本に書いてあって、やった記憶もあります。
全く効果なかったはずです。
続きの後編をお楽しみに~
2008.06.10 23:27 | URL | #- [edit]
たくみ says... ""
改良された「バズーカ砲」・・・。
あまりにも必死さが伝わってきて、笑ってしまいました。ごめんなさい。
ヨーガの毒消しポーズまで取り入れて(^^
痛かったんですねー。
しかし、そこで海とは、ちょっとオツな(?)治療だなぁ。

スズメバチ、あぶないですよ。
私の田舎でも時々スズメバチの被害の話聞き恐いです。気をつけてくださいね。
健闘を祈ってます!
2008.06.11 00:04 | URL | #- [edit]
Little Life says... ""
たくみさん

海に入ったのは、治療のためじゃなくお仕事だったのです。
お客さんじゃなくて、サンゴ保護のお手伝いだった気がします。

海の生物より遥かに恐い生き物ですよね。
奄美はハブという最強の毒蛇もいるのですが、個人的にはスズメバチのが恐いです。

後編をお楽しみに。
2008.06.12 00:03 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://kakeromablue.blog116.fc2.com/tb.php/103-0002b394
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。