加計呂麻島の自然生活-Nature Life in Kakeroma Island-

奄美 加計呂麻島(カケロマ)の生活 シュノーケリング スキンダイビング シーカヤック エコツーリズム ドルフィンスイム フリーダイビング YOGA パーマカルチャー 水中写真 海の生き物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ざわざわ魚たち

ゲストの少ない冬のシーズン、僕はカヤック釣りばっかりしていると噂されていますが、もちろん素潜りもやっています。
外海のサンゴが急速に成長していて、余の美しさに魅了されています。
12月でもまだまだ魚たちが活発に泳ぎ回り、トロピカルな海中世界です。
サンゴが元気なので、テングカワハギにたくさん出会えたり、先日は加計呂麻島では激レアな2cmほどのレンテンヤッコの幼魚を素潜りで発見しちゃいました。
水深10mぐらいの穴の中でちょろちょろ泳いでいたのですが、綺麗すぎて見とれてしまい久しぶりに息苦しくなるまで何度も素潜りして。
じっとしてくれないのと、カメラの限界深度ギリギリのコンデジ撮影のため、ぜんぜん納得いく写真が撮れず、残念な証拠写真となりました。
北西の波がぶち当たる場所なので、次回行って見つかる気がしません。
珍しい生物との出会いは一期一会だから良いのですね。

131214

131214b
レンテンヤッコ幼魚 約2cm

スポンサーサイト

釣り時々みかん狩り

海が凪の日はカヤックで魚釣り。ロウニンアジが3日で2匹釣れたり、イカが良く釣れ始めたりと、海の恵に感謝しっぱなしの日々を過ごしております。
合間にみかん狩りも行われ、魚と野菜の物々交換などもあるため、いつでもミカン食べ放題、野菜室は満員御礼と嬉しい飽食の時代を迎えております。
そういえば、自宅で肉を食べた記憶がはるか遠い。
久しぶりに今夜は、畑で最盛期のスペインのナスとお肉を煮込んでみようと思う。
曇天で肌寒い加計呂麻島でした。

131211
ポンカンとアカミカンとシークワーサー

131210
ロウニンアジ

131210b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。