加計呂麻島の自然生活-Nature Life in Kakeroma Island-

奄美 加計呂麻島(カケロマ)の生活 シュノーケリング スキンダイビング シーカヤック エコツーリズム ドルフィンスイム フリーダイビング YOGA パーマカルチャー 水中写真 海の生き物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大晦日

111231a

今年のLittle Lifeは、少しだけ前に進んでみたり、震災や大雨で少し後退してみたりしましたが、終わってみたら以前より前に立っていたと思っています。

そして、改めて小さな暮らしの強さを実感した年でもありました。

沢山の素敵なゲストと豊かな島に感謝しております。


スポンサーサイト

冬の加計呂麻島生活

加計呂麻島も亜熱帯の冬らしい気候になってきました。
気温はそこまで低くないのですが、壁の薄い木造で風通しの良い島の古民家は、外気温と同じぐらい室内も寒くなるので、家の中でもフリースとかばっちり着込んでます。
今年も薪ストーブを買うか迷い、結局使用期間の短さと今まで無くても大丈夫だったので止めたのでした。

そんな緩い寒さが訪れている加計呂麻島、海の透明度がぐんぐん良くなっており、海に出ると、あまりの透明感にうっとりしてします。

この季節、ガイドの仕事が少なくなるので、プライベートでフィールドに出る機会が増えます。
防寒着を着て風に吹かれながら、カヤックを漕ぐのも季節感が味わえてけっこうよいものです。
魚やアオリイカも釣れる季節だから、風が無い日は海に浮かんで釣りという日々。
「椎名誠と怪しい探検隊」をYouTubeで見ては、やる気を注入して海へ突撃という流れ。
魚は釣れるし、畑の野菜達も元気いっぱいなので、豊食期を迎えようとしている我が家です。
食材が豊富で時間もあるから、料理も楽しい。

111216
イラストが気に入って瓶が欲しいから買った安い白ワイン


加計呂麻島の冬は、空が暗くて、風が強くて、雨降りという、外に出る気が全く起きない日が増えるので、インドアライフの充実がとっても重要なのです。

外で遊べなかったらどうするの?退屈過ぎないの?何も無い島だから、どこも行く所とかないでしょ?という島暮らしの心配があるかと思いますが・・・

僕に関しては、全く問題ありません。

なぜなら、年末からイングランドのサッカー、プレミアリーグが大いに盛り上がるので、最高に楽しい時間が訪れます。試合観戦はもちろん、サッカー系ネットサーフィンでも充分楽しい時間が過ごせちゃいます。ほぼこれで解決。
プラス、夏には観る気がおきない映画も、不思議と冬になると良く観ます。
音楽も重要な存在。空の色がグレーだからか、Radioheadとかよく流してます。天気と関係ないけどErykah Baduマイブーム。

天気が悪いと、ぐーたらして、おなかいっぱい食べてると大問題なので、毎日YOGAもたくさんやってます。
ちなみに今日は、完全なるインドアDAY。


New Amerykah Part Two: Return of the AnkhNew Amerykah Part Two: Return of the Ankh
(2010/03/30)
Erykah Badu

商品詳細を見る


O.K. ComputerO.K. Computer
(1997/06/16)
Radiohead

商品詳細を見る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。