加計呂麻島の自然生活-Nature Life in Kakeroma Island-

奄美 加計呂麻島(カケロマ)の生活 シュノーケリング スキンダイビング シーカヤック エコツーリズム ドルフィンスイム フリーダイビング YOGA パーマカルチャー 水中写真 海の生き物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペリーヌ先生ありがとう

ペリーヌ物語という昔のアニメをちょこっと見たら、すごく面白くて。
今日は天気が悪かったので、録画しておいたペリーヌ物語を見ていた。

ペリーヌという主人公の女の子は、タフで環境適応能力が高く、生きるための知恵が豊富にある。
しかも、置かれている環境を楽しむ事ができる。

それって、アウトドアでも加計呂麻島での生活にも求められる能力。

ビンに葉っぱをのせて蓋をし、輪ゴムでとめる。という簡単保存を学びました。
ゲットウの葉などを利用したら、無駄にラップを使わなくても良い場面があるかもしれません。
ダッチオーブンの蓋を持ち上げる道具も、ペリーヌ物語から使わせてもらおうと企んでます。

スポンサーサイト

遠い国から

今年は、ヨーロッパからお越しのゲストが増えた年だった。
月に一組ぐらい、イタリア、ドイツ、フランス、オランダと様々な国から加計呂麻島まで、はるばる遊びにきてくれた。合衆国からのゲストもいるから、なんだか国際的な加計呂麻島となっている。

ニュージーランドやカナダでも感じた事だが、自然の中で遊ぶのが好きなヨーロピアンは、加計呂麻島の自然や雰囲気はけっこう好みらしい。
僕自身もニュージーランドやカナダでのネイチャーツアーが好きなので、この辺がリンクしてくれている気がする。

Little Lifeとしても世界中からゲストが来てくれたらとっても楽しいから、広い視野と大きな受け皿を持ちたいと思う。

とりあえず、ヨーロッパのネイチャーツアーがどんなものなのか?実際自分の目で見る必要がある。
近年中に行かねばならないな~。


美しい島 請島

sora

僕の家の正面にある請島、カヤックを漕いで海を渡り何度も訪れている美しい島だ。

山も海も、本当に美しい奄美の風景がここにはある。

カヤックで海に浮かんで、請島を眺めながら釣り糸をたらす。凪の日より


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。