加計呂麻島の自然生活-Nature Life in Kakeroma Island-

奄美 加計呂麻島(カケロマ)の生活 シュノーケリング スキンダイビング シーカヤック エコツーリズム ドルフィンスイム フリーダイビング YOGA パーマカルチャー 水中写真 海の生き物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海の中を楽しむマニュアル作りはじまる。

冬のシーズン中に、シュノーケリングとスキンダイビングのマニュアル作りを本格的にスタート。

子供や初心者でも楽しめる、シュノーケリングのマニュアルと、
そこから、少し先に進んだ内容のスキンダイビングのマニュアルを作成して、
Little Lifeでのスクール参加者の参考資料としてお渡ししたいと思っています。

スキンダイビングを安全に楽しんでいただくための、ボリューム増加したスクールも
来シーズンからスタートします。
基礎から徹底したスクール内容となります。

多くの人に、気軽な感覚で海の楽しさを味わっていただきたい。

スポンサーサイト

ゆっくり空でも

ゆうやけ

ゆっくり空でも眺めながら、
「今日の空は綺麗だね~。」なんて会話をするのが、いたって普通な日常の喜びであると思う。

ちょっと都会は忙し過ぎてませんか。

日常の幸福感を大切にできる生活が加計呂麻島にはあります。

Hawaii Bigisland February 2011

ハワイイルカ3

来年もハワイのブルーに包まれます。

今度はビッグアイランドはもちろん、カウアイ島の山を歩く予定。

クジラの声を聞きながらイルカと泳ぎたいな~。

ELEPAIOとNENEとIIWIにもまた会いたい。

ライムをとって、コロナ飲みたい。

マンゴー食べて、口を切らないようにしなくちゃ。

グリーンフラッシュ見れるかなぁ。

歳を重ねる喜び

一年間、加計呂麻島の天気図と天気予報とにらめっこして、日々暮らしている。

ゲストのレベルと風とうねりに合わせて、その日のポイント選びをするのが仕事。

場合によっては、とても微妙な選択を強いられる事がある。

迷ったらディフェンシブな選択をする。できるだけ自分が良いと思う場所に連れて行きたい。

少ない脳ミソをフル回転させて考えていると、パズルを解く様な感覚でピタッとはまる瞬間もある。

先日の強風時の回避ルートも、絶妙にはまってくれた。

新しい引き出しが増えた嬉しい1日だった。

自然の中で暮らしていると、日々の学びを実感できる。

こうして年月を重ね叡智を手に入れられたらと思うと、歳をとるのが楽しみだ。




Little Life 加計呂麻島写真集4

はっぱ
赤ちゃん2
赤ちゃん
hikari
ツノダシ2
ツノダシ
hikari02
サンゴ3
サンゴ2
サンゴ
ゆうひ
いそぎんちゃく
さんご3
さんご1
滝
夕日01
イルカ2008
防護スーツ
要塞
バズーカ
蜂の巣
トマト
ミナミコメツキガニ3
ミナミコメツキガニ2
ミナミコメツキガニ
20080701191351.jpg
エリグロアジサシ
海峡横断2
海峡横断
ラサ3
ラサ2
ラサ
夕日04
夕日03
夕日02
イルカ04
ツアー
花2
花
イルカ03
イルカ02
イルカ01
アプネア03
アプネア01
ゆう君
アオスジスズメダイ
イロカエルアンコウ
terasawa3
terasawa2
terasawa
wakita4
wakita3
wakita2
wakita
マダラエイ
エクスペディション2
エクスペディション
夕暮れ2
夕暮れ
虹
スズメダイモドキyg
ノトドーリス・セレナエ2
ノトドーリス・セレナエ
ヒトミシリハゼ
シャープアイ
崖
グレーの空
たきび
ポルチーニ
夕日
探検隊
キャンプ
スカノラック
エクスペディション4
エクスペディション3
夕日の道
ちびはぜ
キスジカンテン
ひかり
月
静寂
ガジュマル2
ガジュマル
水面

Little Life 加計呂麻島写真集3

カヤック3
カヤック2
カヤック
04
02
06
03
07
カメ
珊瑚礁
オオモン
ニシキフウライ
ヤノダテ
サンゴ移植
蛾2
蛾
08
10
09
01
飛行機雲
パパイヤ
ハイビスカス
モヨウフグ
シロ3
空
湯湾2
湯湾
シロ2
シロ
m22
17
15
m12
11
m17
m19
m18
大会
竹フィン
クアドリスピノーサム
トゲトゲ
wレインボー
wレインボー
クレナイオオイカリナマコ2
クレナイオオイカリナマコ
イソギンチャク
ニシキエビ2
ニシキエビ
ポストカード
めがね
リボンゴビー
炎2
炎
hana
オリーブ
風景
ベニハゼ属1種14
ハナミノカサゴ
ミノウミウシ?

フィンワーク

海での自由は、美しくて効率の良いフィンワークにより生まれる。

ここ1年ぐらい、原点でもあるフィンキックについて試行錯誤して改良してきた。

まだまだ完成とは言えないが、イメージは定まってきた。

超初心者でも、ベテランでも、ちょこっとシュノーケリングでも、ドルフィンスイムでも、フィンキックが上手ければ上手いほど、海は自由で楽しくなる。

そんな基本の「き」フィンワークを、遊びながらマスターできるようにアドバイスしていきたい。

今年の冬にスキンダイビングスクールの内容を濃くしたコースプランを作成して、来年からガツンと重量がある講習をスタートさせる予定。

たくさんの人に、海で自由になる楽しさを知ってもらいたいと意気込んでいるのでした。

フィンキック
潜水団体スリーアイのスキンダイビングインストラクターになった、ぷかぷかりんごさんのドルフィンキック。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。