加計呂麻島の自然生活-Nature Life in Kakeroma Island-

奄美 加計呂麻島(カケロマ)の生活 シュノーケリング スキンダイビング シーカヤック エコツーリズム ドルフィンスイム フリーダイビング YOGA パーマカルチャー 水中写真 海の生き物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレーニング

台風が東にそれて、穏やかな奄美加計呂麻島です。
多くの方に心配おかけしました。

10月に入り、ガイドの仕事も落ち着いてきたので、ぷかぷかりんごさんと強化トレーニングをしている。
長距離遠泳、ノーフィン、走り込み、ストレッチ、呼吸法、レスキューとメニューも多彩。
フィンキックのフォーム修正、キック力アップ、持久力アップにより海での自由度をあげるのが狙いだ。

特に最近レスキュートレーニングを良くやっているのだが、机の上の理論だけでは、どうにもならないことを実感する。
冷静な判断力と素早い対応は、無限の体力ときれる体が無いと存在しないと思う。もちろん経験と知識があったうえで。

お客様を安全に海へ案内するためには、ゲストがいないときの日常が大切だと再認識させられる。

いがいと夏場は運動量が少なく太ってしまうのだが、そろそろ自分のペースで泳いだり漕いだりできるので、少し絞れるかな。

トレーニング


スポンサーサイト

どうなっちゃうの?奄美大島

昨日、古仁屋から空港まで奄美大島を縦断してきた。
テレビでは見ていたけど、洪水被害の現場や土砂崩れは、たいへんな状況だった。

川の水量も見た事無いぐらい増えている。
いつも水が流れていない場所から、いくつも川ができていた。
水が飽和している。

そんな状況の中、天気予報を見ると恐ろしいことに。

目を背けたい予報内容。

きっと、数日後とんでもない荒れた天気となるだろう。

どうなっちゃうの?奄美大島

忘れていたけど、自然の厳しさは、人間の都合など関係なく容赦ない。


加計呂麻島は、先日の大雨の被害もほとんどなく、今まで幾度も訪れた大きな台風を迎える感覚で、今度の台風も迎える。




奄美加計呂麻島より報告

なんだか、奄美の豪雨が全国的にハワイにも伝わっているみたいで、みなさまに心配かけております。
加計呂麻島の我が家も朝から停電していました。
水道が止まったらめんどくさいので、水が出るうちに持っている全てのナルゲンボトルやプラティパスに水を蓄えたりして、長期の戦いに備えておりました。
ところが30分ほど前、電気が使えました。
そうしたら、ネットも使えるのでパソコンを開いたら、みなさまからの暖かいメッセージがたくさん。
あんまり奄美大島の被害状況も解らない自分が、とりあえずブログで近況報告しています。

奄美大島は、とんでもない被害が出ている様ですが、加計呂麻島の於斉は、停電があっただけで普段と何も変わりません。海や川も荒れている様子は無く、カヤックでも漕ぎたくなる静かな状況でした。

奄美大島と加計呂麻は近いけど、気象状況や地形が違うので、今回の豪雨の影響も違う様です。
とにかく、これ以上被害が拡大しない事を願います。

これから、加計呂麻にも色々と影響があるかもしれませんので、また報告させていただきます。

イルカとウナギとイノシシと

10月18日、曇り空で爽やかな風のシーカヤック日和。

ゲストと一緒に外海の海岸線を1dayパドリングツアー。

スタートして30分、誰もいない静かな水面で突然生き物の気配。
イルカの群れだ!!
自分達が風上にいたのでブロー音が聞こえず、突然いくつもの背びれが突き出した。
静かなカヤックの存在にイルカ達は気がついていない様子。
カヤックの前に姿を見せてくれた。
エサを追いかけているのか速いスピードで、移動していった。

むき出しの岩の絶景を抜けて、ランチポイントに上陸。
ここは清流が流れ込んでいる小さな美しいビーチ。
ゲストと一緒に、清流に足をつけて川の生き物ウォッチング。
すると、巨大ウナギ発見!!
とにかく太くて、素手でつかむのが怖いぐらい大きい。
捕まえるわけではないけど、近くで見ようと追いかけ回したので、ウナギもあたふたしていた。

川と海を見ながらランチ。そのあと、至福のコーヒータイム。
常連の文鳥大好きなご夫婦さんから、とんでもなく美味しいコーヒーをいただいてビックリ。
それから、コーヒーにはまりつつある近頃。
食後のアウトドアコーヒータイムは幸せの時間。

ランチタイム

それから、昼休みに1人で、もういちど川の生物観察。またウナギを見に行った。
もちろん、ウナギも見れたんだけど、陸上で動物の気配。
なんと、今度はリュウキュウイノシシ登場!!
人間が訪れないこの場所で、初めて人間に遭遇した感のあるイノシシ。
あわてて逃げるわけでもなく、ゆっくりと茂みに消えていった。

午後からのパドリングもさらにワイルドな外海の景色が続く。
水平線と空と森に囲まれた原始の風景の中、素晴らしいシチュエーションで、またまたイルカと遭遇。
風、波、空の色、静寂の森、全てがシンクロした状態でのイルカとの遭遇は、自分が感じた事のある感動を越えた瞬間でもあった。
自然の中では、想像を超える瞬間が突然降ってくる。
しばらく水面に浮かび、イルカの群れを眺めていた。

風景


いまごろTwitter デビュー

奄美大島嘉鉄からTwitter先生が我が家に遊びに来てくれて、
ぷかぷかりんごさんに色々と講義をしてくれました。
僕は写真の整理やランチ作りなどしていて、聞いていないし、そんなに興味も無かったのですが、先生が帰ったあと、ぷかぷかりんごさんを見ていたら、自分もやってみようかという流れになり、Twitterデビューしちゃいました。

はまるかわからないけど、どうでもいいつぶやきしてみます。

そんでもって、あんまりフォローしないと思います。

@LittleLife7 よろしくです。

クリアーブルー

スキンダイバー

素晴らしいブルーが続いている。

ほんとうに綺麗な海はエメラルドグリーンじゃない。

透き通るクリアーブルーなのだ。

どこまでも見える。

いい潮が入って来ている加計呂麻島の外海より。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。