加計呂麻島の自然生活-Nature Life in Kakeroma Island-

奄美 加計呂麻島(カケロマ)の生活 シュノーケリング スキンダイビング シーカヤック エコツーリズム ドルフィンスイム フリーダイビング YOGA パーマカルチャー 水中写真 海の生き物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天空の世界 ハワイより

ハワイ01

雲の上に出ると、地球とは思えない天空の世界が広がっていた。

どこまでも続く、透明感のある青い空。

薄い空気で身体が変化している。

マウイ島ハレアカラ山頂付近にて



写真や映像で見た事ある景色は、なんだか知った気になっている部分がある。

しかし、実際ライブで体感すると、知った気になっていた想像の世界とはまるで違う。

眼球を通して、五感を通じて、本物の美しい世界が強烈に自分の脳に保存されたのだった。



※今回のハワイ島マウイ島トリップにより完全にハワイに魅了されてしまいました。6月ごろ再び訪れようと意識しています。Little Lifeのツアーも構想に入れています。興味がある方はお問い合わせ下さい。






スポンサーサイト

加計呂麻島 森林伐採反対

ハワイから、何とか凍え死ぬ事もなく、クジラに接触してケガする事もなく、無事に加計呂麻に帰ってきました。

一般的なイメージのハワイとは、まるで違う旅となったのです。

イルカの群れに入り込みいつまでも一緒に泳ぎ。

日が沈む頃、溶岩の上を歩き、マグマで燃える赤い空をみて。

ザトウクジラがあまりに近くて、カヤックがひっくり返されるかと本気で感じ。

何頭ものクジラが眼の前でブリーチングを繰り返し。

雲の上のハレアカラで、凍ったテントの中で寒さに怯える。

全ての素晴らしい体験は、人生の財産になったと確信しています。




そんなハワイから加計呂麻に帰ると、とんでもない問題が発生していました。


なんと、加計呂麻島にチップ工場を建設する計画が動き出していて、それが動き出すと島の47%もの原生林が伐採されてしまうそうです。

素晴らしいハワイトリップの記事を詳しくブログで掲載したかったのですが、すでに動き出している
『加計呂麻の自然を守ろう 森林伐採に反対する加計呂麻住民の会』
に加わり、森林伐採をストップする事に力を注ぐつもりです。

僕は、うらしま太郎状態で、愛する加計呂麻の自然が危機に面しているというのに、あわてて現状把握をしている段階です。

詳しい事は、様々な方達がブログなどを通じて、ずさんなチップ工場の全貌と反対活動の記事を掲載しています。

「加計呂麻島 チップ工場」 「加計呂麻島 伐採」などで検索をかけて頂くと多数ヒットします。

現在は、署名を集める事が有効な状況であり、できるだけ多くの方にこの事態を理解していただき、署名を集められたらと思い、このブログにも加計呂麻島チップ工場反対の記事を掲載しました。

署名用紙は下のアドレスからダウンロードできます。お手数ですが用紙(お願い文と署名用)をプリントしていただき、住民の会もしくはLittle Life天野博之まで送って下さい。
http://www21.atwiki.jp/savekakeroma/pages/20.html


「森があって、川が流れて、海に繋がって、また森に雨を運んで、全てが関わり合っているから大切だと思うんです。だから美しいと思うんです。」


これからの加計呂麻島の未来50年後100年後と考えた時、樹齢何百年の広葉樹の森を今破壊する事で、未来の加計呂麻島は悲しい姿となるでしょう。

また、ここで森林伐採を止める事ができたら、新しい才能が芽生え出そうとしているこの島で、未来の可能性は充分にあると思っています。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。