加計呂麻島の自然生活-Nature Life in Kakeroma Island-

奄美 加計呂麻島(カケロマ)の生活 シュノーケリング スキンダイビング シーカヤック エコツーリズム ドルフィンスイム フリーダイビング YOGA パーマカルチャー 水中写真 海の生き物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加計呂麻一周カヤックの旅2日目

カヤック大島海峡

2日目

決して早くない朝をむかえ、楽しい朝食を済ませ、taiga氏とお互いのキャプ道具やアウトドア道具を見せ合いっこしたりして、いざ出廷。

途中までtaiga氏も一緒にパドリングしてくれる事になった。

芝の立神を越えると、いきなり外洋の洗礼。

西からのうねりが、浅いリーフで大きくなり、とても注意が必要なゾーンがしばらく続く。

しかも、西に向かうに従い、向かい風が強くなる。

実久から先は、しばらく漕ぎ続ける事を覚悟して、実久でトイレ休憩。

すると、地元の人らしきおじさんが、海が荒れてるから先に行かない方が良いと言いにきてくれた。

充分承知だが、「大丈夫です。無理しませんから。」と言葉を交わし、さらに用心深く、江仁屋離を右手に見ながら加計呂麻島の一番西の岬を漕ぎ抜ける。

景色を楽しむ余裕は全くなく、次から次に押し寄せる波に集中して、手に汗握りながらのパドリングが続く。

これぐらいで転覆する事は無いのは理解していたが、流石に体力も消耗してきているし、たまに来る一発の大きな波が直撃しない事を願いながら進む。

東に進むにつれて、確実に波が弱くなっている実感があったので、それが救いで恐怖心も和らいだ。
数日前にサーフ練習で波にもまれた経験もここにきて自信となってくれた。

阿多地の海岸には、波がぶち当たっていて、近寄ってはいけないことを体が感じている。

通過点の須子茂には友達が住んでいるので、立ち寄る予定でいたけど、それどころじゃないので、港がある西安室まで、とにかく漕ぐ。

嘉入を過ぎたぐらいから、ようやく、波も気持ちも落ち着いてきた。遠かった西安室も目の前になっている。

ようやく西安室の港に入ると、波が全くなくなり、普段悪くばかり言っているコンクリートで固められた港に感謝したのだった。そして、体は糖分が欲しくてたまらないと訴えている。

コンクリートの岸壁によりかかって、ガソリンストーブでお湯を沸かし、チキンラーメンを作り、チョコレートとシリアルを勢い良く体に吸収させた。

すると、軽い通り雨、それから青い空が現れた。同時に強かった風がピタッと止まった。前線が外れた様だ。

最後の西安室から於斉までのルートには、難所の大瀬崎と風崎があるので、そこをどう抜けるか悩んでいた。しかし、この風が止まったと同時に海も穏やかになっている。

神様がくれたチャンスに喜び、難所へ向かう。

大瀬崎は、小潮なのに複雑に流れている。それでも難しくなかったので、景色を楽しみながら通過できた。

風崎にいたっては、taigaさんに電話しようとしたぐらい穏やかで、パドルを止めて休憩できた。

そして、伊子茂湾に入る。ここで、ほぼ加計呂麻一周は達成された。

あとは、何度も漕いだ見慣れたフィールドを漕ぎ進むだけ。

1日前に見た景色をまた見ている事が不思議な感覚だった。

こうして、初めての加計呂麻一周カヤックの旅は終える事ができたのだった。

遠くない未来に、また挑戦したい。もっと優雅に景色を楽しみながら。

この先、きっと何周もする事になるだろう。





スポンサーサイト

加計呂麻一周カヤックの旅1日目

旅を重ねた12月の締めくくり、ついに念願の加計呂麻一周カヤックの旅に挑んだのだった。

23日AM8:30に自宅の於斉をスタート。
1泊の日程だけど、キャンプ地も決めずに、1日目は行ける所まで行くプラン。

季節外れの南風に逆らいながら東周りで太平洋に向かって漕ぐ。

風はあるけど、うねりが弱い、潮流も小潮なので請島水道も穏やかな雰囲気だ。

諸鈍湾の入り口にあたる先鼻は、流れていて波が立ってた。
秋向までは弱い波を受けながら進んだ。カヤックを漕ぐのに問題が無い範囲だったので気軽なパドリング。
トイレ休憩した秋向でイルカの群れに遭遇して、とてもパドリングが軽くなった。
ここまで出発してから直線距離で約10km。

崎根鼻から徳浜までは、けっこう波があったが、北に進むにつれて穏やかになった。

徳浜から安脚場にかけての海岸線は荒々しくて美しい。豪快な岩場や滝を観ながら気持ち良く進めた。
右側には広大な太平洋が広がる。

いつも安脚場の砲台公園から眺めていた景色に自分が浮かんでいるのが、なんだか不思議だった。

大島海峡に入ると、波がなくなり、完全に湖状態となった。

ここで、あまりに天気が良いので、先輩カヤッカーでお友達のtaiga氏に海の上から携帯で電話して、今夜のキャンプを誘ったら、来てくれる事になった。ストイックなツーリングにするつもりで、ほとんどアルコールを持っていなかったのだが、急に路線変更してビールとおつまみの買い出しをお願いした。なんだか楽しくなりそうだ。

スリ浜の隣の浜でランチタイム。
ほとんど休まず漕ぎ続けていたけど、休憩時間も短くして、さらに西へと向かう。
大島海峡の東側は見慣れた景色であるのと、船の往来が多いので精神的にきついパドリングだった。

俵小島を越えた辺りから、新鮮な景色と静かな雰囲気があり、気分も晴れてくる。

楽しく漕いでいたから疲れ知らずの感じで、taiga氏が出廷する大島側の白浜近くまで迎えに行って合流した。

この辺の事を完全に熟知したtaiga氏にエスコートしてもらいデリキョンマ崎に渡り、芝に向かって夕日が美しい海岸の景色を観ながら、静かな水面をカヤックが滑る様に進んで行く。
この日は、天候にも恵まれて結局40~45kmぐらい漕いだ事になった。

そして、芝の近くの美しいビーチに上陸して、テントを立て、焚き火をして、満天の星空と流れ星を観ながら、いつもの楽しい宴を楽しんだのだった。
早く寝て、早朝漕ぎ出すプランも崩壊して、気がつけば深夜となり、気がつけば朝となった。
結局これが吉となったと、後から思うのである。

1日目終了


夕日カヤック

芝ビーチ
この静かで美しいビーチが暗くなると、焚き火の炎とランタンが灯される。



Little Life 加計呂麻島Tシャツ 販売中

Little Life×森ひろ子 オリジナル加計呂麻Tシャツ販売


Tシャツ1


加計呂麻島は、多種多様な生物が生きづく島
全ての生き物が繋がり合い、森も海もひとつなんだと教えてくれる風景がここにはあります
そんな加計呂麻島の愉快な仲間達をTシャツにしてみました

愉快な仲間達を素敵に描いてくれたのは、大阪在住のイラストレーター【森ひろ子】
彼女のデザインによる加計呂麻島のいろんな生物が、Tシャツの中にイキイキと暮らしています
frontには陸の仲間達、backには海の仲間達がいます。
お手に取って、どんな生き物が隠れているか探してみてください。


Tシャツの色×イラストの色 (現在在庫のあるTシャツのサイズ)
(各サイズの適応身長:XS:155~165cm、S:160~170cm、M:165~175cm、L:170~180cm)
Tシャツ2
インディゴ×ホワイト(XS、S、M、L)

Tシャツ3
ナチュラル×シティーグリーン(XS、S、M)

T
ナチュラル×バナナ(XS、S、M)

Tシャツ5
ライトベージュ×グレー(XS、S、M)

Tシャツ6
ライトベージュ×ピンク(XS、M)

Tシャツ7
ホワイト×シティーグリーン(XS、S、M)

Tシャツ8
ホワイト×ピンク(XS、S、L)

Tシャツ9
ホワイト×ブルー(M、L)

Tシャツ10
ホワイト×グリーン(M)


各色、各サイズとも枚数をあまり多く作っておりませんので、品切れの際はご容赦くださいませ。

価格:¥3500(送料込み)
お支払いは、商品到着後にお振込でお願いしております。

お申し込みお問い合わせは、以下の宛先へお願いいたします。
お申し込みお問い合わせメールアドレス:littlelife-kakeroma@abelia.ocn.ne.jp


尚、商品の発送は、週1回になりますので、ご注文をいただいてからお待たせする場合がございます。 
ご迷惑をおかけいたしますが、離島のためご理解の程よろしくお願いいたします。                                                   Tシャツコックさん



Little Life 写真集2


おさい雲
おさい浜
雨3
雨2
雨
水面2
レモンバーム
タイム
パッション葉
チビハナダイ
デイゴ
木
はな
葉
aji
sango2
sango
カマキリ2
カマキリ
クマノミ
タテジマキンチャクダイ
ヤシャハゼ
海
太陽3
太陽2
太陽
空2
空
ゲスト
反射
山
泥道
アキトク海2
アキトク海
うけしま
うけしま2
ガジュマル
イノシシ肉
カメラ
現場
ロウニンアジ2
ロウニンアジ
日暮れ
花
マダラトビエイ
青い海
浜の風景
蝉のぬけがら
パパイヤ


Little Life 写真集1

Little Life 加計呂麻島の自然生活ブログでアップロードした写真を集めて写真集として掲載する事にしました。

2007年の夏から始まります。

加計呂麻島、そしてLittle Lifeの日常を感じていただけたらと思っております。

旅行先の写真など混ざっていて、加計呂麻の写真だけじゃないのでご了承下さい。

20070813175523.jpg
20070813175354.jpg
イルカ2
イルカ
モノフィン
20070811111149.jpg
20070811105130.jpg
20070811105054.jpg
20070811105027.jpg
20070811101300.jpg
インドの子供
水面
バブルシュリンプ
キツネウオ属1種1
コンペイトウウミウシ
フリソデエビ
イレズミミジンベニハゼ2
イレズミミジンベニハゼ
サンゴモエビ
はな
ゼブラウツボ
ヤマブキハゼ
デルタスズメダイ
オドリハゼ
ベニハゼsp1
サンゴ2
サンゴ
スパイス屋
クリケットする子供
ツムギハゼ
オバケインコハゼ
シャコガイ
クマノミ家族
オオメハゼ
サンゴの芽
おさいの浜
はな4
はま3
はな2
オリーブオイル
パスタ
モノフィン6
モノフィン5
モノフィン4
モノフィン3
モノフィン2
ニシキテグリ
マングローブ
オイランハゼ
クロエリオオメワラスボ
ベニハゼ属1種2
エコバッグ
ソフトコーラル4
ソフトコーラル3
ソフトコーラル2
ソフトコーラル
水面
ジェノベーゼ
パルミジャーノ
キンメモドキ




オモチャの誘惑

子供の頃、おもちゃが欲しくてたまらない衝動というのがあったと思う。

おもちゃだから、無くても良い物。

あったからといって、私生活で役に立つ訳でもなく。

いい歳になって、おもちゃが欲しい衝動に駆られる時がある。よくある。

そして、子供と違って、誰からも強いストップをかけられないので、おこづかいがあれば購入という流れとなる。

そんなこんなで、僕が今年買った、買ってしまった一番のおもちゃは、この武井バーナーパープルストーブに違いない。
他にも色々あるけど・・・。モカエクスプレスとか。

「今の時代」とか、「かさばって持ち運べない」とか、「アルコールと灯油が両方必要だから」とか、「ジェットボイルもオプティマスもあるのに」とか、散々に言われたりするけど、メイドインジャパンと真鍮と青い炎が僕の心をくすぐるのです。

この冬は、武井バーナーに一番食いついてくれた海辺のさんぽ社の隊長と一緒に、ストーブであったまって、その上にシエラカップを置いてお湯を沸かして、黒糖焼酎のお湯割りを楽しみたいものだ。秘密基地でね。
そのうち、このストーブと一緒にヴェイパラックスを灯したい。


武井バーナー2


武井バーナー

『衣食住』レベルアップ計画

滝2

『衣食住』の大切さというのは、常々意識していた事だが、仕事が落ち着くこの季節になると、よりいっそうその意識は高まりはじめている。

どれも均等にレベルアップしたいのだが、一番お金がかからず、時間さえあればある物でなんとかできる『食』が取っ付きやすい。料理本やらレシピサイトから情報収集しては日々挑戦している。
特にがんばりたいのが、しっかりした和食とあまり触れた事がないフレンチ。かっちりしたフレンチは無理だと思うので、フレンチっぽい家庭料理とかできたらいいなぁなんて思っている。


『衣』のジャンルは、奄美では、蒸し暑い季節が多いしフィールドにばかりいるので、毎日全身アウトドアウエアーに包まれている。
そういえば、ここ数年間アウトドアブランド以外の服を買った覚えが無い。
それが最近、久しぶりにデザイナー物の服を古着でいくつか買ってしまった。
ただの衝動買いだが、どうやら衣食住の良い波がやって来たのだと自分に言い聞かせて、いつものポジティブ思考へと強引に結びつけたのだった。
機能的でないジーンズやら街っぽい服を着るチャンスは、暑くない今の季節だけ。
奄美の雰囲気に負けず、少しだけ『衣』がんばろうと思う。

『住』の事は、またそのうち。
フィーリング大工というのを楽しんだりしている。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。