加計呂麻島の自然生活-Nature Life in Kakeroma Island-

奄美 加計呂麻島(カケロマ)の生活 シュノーケリング スキンダイビング シーカヤック エコツーリズム ドルフィンスイム フリーダイビング YOGA パーマカルチャー 水中写真 海の生き物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木山島にて

シーカヤックに寝泊まりできる道具と食料を積み込んだら、家の前から旅に出る。

はじめての無人島へ向かった。

木山島。

自然しか無い世界。当然誰もいない。何も無い。

ただ日が落ちて、日が昇る。

この解放感と恐怖心と好奇心がミックスされる状態が喜びに感じるのだ。

カヤック強化月間としていた4月のパドリングは、充分満足の域に達した。


木山

木山2


スポンサーサイト

キラキラ PADDLE

昨日、最高の凪が訪れた。

遠征せずにいられない衝動が走り、カヤックで外洋を目指した。

完璧に静かな水面をシーカヤックが滑る様に動く。

我が家のある於斉から難所の風崎、大瀬崎を周り須子茂離(スコモバナレ)という無人島を横断して、夕離(ユウバナレ)の辺りでターン。加計呂麻の須子茂まで漕いだ。

太陽の光と透き通った海水がキラキラ眩しいパドリングとなった。

東シナ海の水平線を眺めながら、風の音も止まり、波の音も無い、大海原で静寂に包まれたのだった。


キラキラパドル


キラキラパドル2


スコモバナレ


ひこうきぐも

月の下浜辺で

月の浜

満月の夜、浜辺で月光浴をした。

約10km先の請島のシルエットがはっきり見えるぐらい明るい光。

黒い雨雲が流れてきては雨を降らせ、また月が姿を現すという繰り返しだったが、かえってその雲の動き方が神秘的だった。

月の下でカヤックを浮かべて海を歩くムーンライトパドル。7月頃開催したいと思う。






御蔵島ドルフィンスイムツアー参加者募集中です。こちらもよろしく


シーカヤックで目の前からイルカが

昨日シーカヤックを漕いでいると、カヤックの数メートル前に大きな背びれと太い体が、水しぶきとブローの音とともに現れた。2頭のイルカだった。

パドルを握る手も完全に疲れ果てていたが、そんなのも一瞬にふっ飛び、瞬間的にイルカの方にカヤックを走らせた。

その直後、辺りに8頭ぐらいのイルカが同時に飛び出した。

魚を追いかけていた様子で、逃げる魚が水面でざわめく方にイルカの群れが移動していった。

ほんのわずかな時間だったが、夕日が山に落ちていく頃、静かな海面で突然起きたイルカとの遭遇は、情景やタイミングが完全にピッタリはまっていた。

この体験は強烈に僕の中に焼き付いてしまったので、永久的に頭の中で再生を繰り返すだろう。

何度もイルカを見てきた自分だが、予想していない状態で、音の無い乗り物シーカヤックを漕いでいて、目の前にイルカが突然現れるというのは特別だった。

御蔵島とイルカの事を考えはじめた矢先、こんな奇跡が起きてしまう。

なんだか不思議な、夢の様な出来事であった。


イルカ03

イルカ02

イルカ01

昨年の御蔵島ツアーの写真を再びアップ。

過去最高に厳しい天候でしたが、イルカ達は最高に遊んでくれたツアーとなった。

イルカが僕達から離れないため、船に上がれず何十分も海に入ったまま、へとへとになるまで泳いだ回もあった。

今年の御蔵島では、どんな奇跡がおきるのだろうか。

今から楽しみだ。

御蔵島ドルフィンスイムツアー  日程決定

赤ちゃん2
写真2006年6月のツアーより



『Little Life with YOGAインストラクターMIMOの御蔵島ドルフィンスイムツアー2009』
日程が決まりました。

今年もLittle LifeとMIMOの最強イルカツアーとなります。

野生のイルカと水中で対話する様に遊ぶ事ができる、夢の様な美しい御蔵島へご案内します。
水面に浮かんでいてもイルカが遊びにやってきてくれる事が多いです。
素潜りできる方は、イルカと通じ合い最高のシアワセを感じられるかもしれません。
海では、スタッフがお客様のサポートとイルカを呼び寄せるハイレベルな素潜りをできる態勢をとっています。
ドルフィンスイムの前には、長いインド修行を経てきたインストラクターMIMOのYOGAも体験できます。

日程
船1泊、御蔵島2泊コース ¥68500 
6月4日(木)22:30東京竹下桟橋出航
5日(金)ドルフィンスイム2回
6日(土)ドルフィンスイム2回
7日(日)13:20御蔵島出航~20:30東京着

船1泊御蔵島1泊コース ¥46000
6月5日(金)22:30東京竹下桟橋出航
翌日ドルフィンスイム2回
7日(日)13:20御蔵島出航~20:30東京着


ツアー料金には、東京~御蔵島の往復乗船代、バンガロー宿泊費、夕食と朝食、イルカ船のボート代、全てのガイド手数料が含まれています。
料金は、Little Lifeリピーター料金なので、はじめてご利用される方は2000円アップになります。
今年は素泊まりの宿も予約していますので、希望者は2000円アップでご利用していただけます。朝と晩の食事は一緒になります。

※MIMOのYOGAクラスは格安にて別料金になります。

御蔵島2泊のお客様を優先して予約を受け付けます。
1泊ご希望のお客様もできるかぎり、調整して参加できる様にしたいと思っておりますが、日程により難しい場合もありますのでご了承下さい。

参加条件

バンガローでの共同生活なので、不便な点やお互いのコミュニケーションが大丈夫な方。
水面でのシュノーケリングによる自己管理ができる方

具体的な詳しい内容については、メールか電話で問い合わせ下さい。






瀬戸内町役場制作の観光パンフ

今日、新しく制作された加計呂麻島と請島、与路島の観光パンフレットを見る事ができた。

瀬戸内町で気合いを入れて作っているという噂は聞いていたので、期待はしていないが気になっていた物。

なんせ観光情報が極めて少ない地域だけに、観光で訪れてくれる人達に、まとまった情報が詳しく伝えられるのは、素晴らしい。

そして、率直な感想は瀬戸内町らしいパンフレットができあがっていた。

人間の趣味は幅広いのでなんとも言いがたい。

加計呂麻島も色んな観光の仕方がある様で、うちみたいのは、特殊な部類みたいだと感じた。

ガイド業、案内する人の趣味によって、だいぶ違いがある様子。ひとくくりにされて、困ってしまうLittle Lifeなのだ。

うちは電話番号と名前が小さく載っているだけで、なんだかほっとした。

情報の裏側にある真実を見る事ができる人が加計呂麻島を訪れる事を願う。

どこかで、パンフ見てみて下さいな。

arari

加計呂麻島の素晴らしさは、人が足を踏み入れてない場所が沢山ある事。
自然環境以外なにも無い良さを味わえる。
こんなに水が透き通っていて海岸が美しい場所が、日本にどれだけ残されているのだろう?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。