加計呂麻島の自然生活-Nature Life in Kakeroma Island-

奄美 加計呂麻島(カケロマ)の生活 シュノーケリング スキンダイビング シーカヤック エコツーリズム ドルフィンスイム フリーダイビング YOGA パーマカルチャー 水中写真 海の生き物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TAKU & GORO

先日、友達からTAKU & GOROの『Radio Indigo』というアルバムをいただいた。

かなりいい~

部屋の掃除をしていたら大量のインドのお香が出てきたので、久しぶりに部屋でお香をたきながら、このCDをかけて、クウネルとかの雑誌を読んでいる時間が心地いい。

美味しいコーヒーでも入れて、聞くのにぴったりな音楽をまたひとつ手に入れた。

春らしくなってきたので、自宅カフェをもっと充実させようと思う。


今年発売予定のオリジナルTシャツを加計呂麻に買いに来ていただいたお客様には、我が家でコーヒーかハーブティーでもサービスしようかなぁ、なんてぼんやり考えてもいる。

今年はLittle Lifeでビーチカフェタイムもプロデュースするので、そちらもお楽しみに。



Radio IndigoRadio Indigo
(2008/11/19)
TAKU & GORO土岐麻子

商品詳細を見る


スポンサーサイト

ニシキフウライウオ

ニシキフウライウオ

白くて綺麗なニシキフウライウオを発見した。
何度も出会った事ある魚だが、ほんと不思議な形で、見つけるとうれしくなる魚。
これからウミウシも増えていくし、加計呂麻のマクロは熱い。

お花畑

なぜだか、我が家にお花畑を作りだした。

今まで食べれたり、お茶にできたり、口に入る植物ばかり育てていたのに、綺麗な花を庭に座って眺めるのが素敵な時間だという事に気がついたのかもしれない。

なんでもはまったらマニアックに追求するタイプなのだが、花に関しては知識が浅いので、ホームセンターの園芸コーナーで安くて綺麗な花を名前も調べずに買ってきては植えている。
勝手に安い花ほど丈夫だと思い込んでもいる。
今のところ、どれもが小さなポットで買ってきても、ぐんぐん成長してくれるので毎日観察が楽しい。
大きく失敗しないかぎり、お花畑計画は進んでいくであろう。

我が家に遊びに来た際は、お花畑を見ながらお茶でもしましょう。
レモングラスはもちろん、レモンバームも成長中。

お花
赤い花はパイナップルセージ

お花2
写真の右隅あるのは、ビーチで拾ってきた大きな流木。
これに座ってお花畑を眺めるとGOOD。

菜園
野菜も作っている。左からパセリ、ミズナ、パクチー。
完全無農薬、無化学肥料

今日はカヤックツーリングにしよう

旅行で身につけた脂肪も順調に落ちていっている。

特にYOGAのアーサナをする時間を増やしたのと、軽めの懸垂などの筋トレを始めてみた。

あえて運動しなくても、島での楽しみはアウトドアスポーツなので、意識しなくても体脂肪はそぎ落とされていく様だ。

お客さんがいない日も多いこのシーズン、僕の一日は朝ゆっくり起きて畑の植物と花をじっくり観察するところから始まる。

毎日やってくるジョウビタキという鳥やウグイス、メジロ、シロハラを流木に座って眺めたりもする。もう完全におじいちゃん状態。

それから、畑のイタリアンパセリやミニトマト、小ネギ、ブロッコリー、ミズナ、サンチュ、ダイコン、ルッコラなどから適当な物を取ってきて、ブランチを作って食べる。

食後にコーヒーかお茶でも飲んで、さて何して遊ぼうかと考える。

そこで今週はカヤックをセレクトした日が2日続いた。

ウエットスーツを修理していたせいもあるけど、なんとなく冒険心が強かったのだ。

1日目は、伊子茂湾から東に向かった。

サチユキとアキトクの半島を岬の先端ぐらいまで漕いでいった。
請島水道でザトウクジラでも現れないかと期待していたが、出会うのはアオウミガメとウミヘビぐらいだった。

カヤックより

請島水道から右に加計呂麻の加崎岳と左が請島、奥に与路島が見える。

カヤックより3

請島に近づくと最高峰の山が威圧感を放っていた。
今度、請島まで漕いで渡り、トレッキングシューズに履き替え山に向かって歩いてみようと思った。その時は最低一泊はキャンプにしようと、楽しそうな旅プランを思いついた。


2日目、ホームの伊子茂湾から西へ向かった。
西には加計呂麻でも難所の風崎がある、加崎岳のふもとにある岬の先端に位置し、潮流がとても速くなりやすい。しかも切り立った崖のため、風が集まって突風となる場合があるのだ。以前風上に向かって漕いでいる時、漕いでも漕いでも景色がほとんど変わらず、ほんの1km漕ぐのにかなりの時間を要した経験がある。

しかし、この日の風崎は、過去一番穏やかだった。小潮だから行ったのだが、流れも強くなかったし、なんせ風が弱かったので水面が落ち着いていた。そして、潮の流れが西から流れていたので、行きは向かい潮、帰りは潮に乗ってこれると判断。風も同じ向きだった。

それなので、もうひとつの難所大瀬崎を見に行ってみる事にした。
いつもは、風崎を超えると、無人島のスコモバナレが見えて、東シナ海の広大な水平線を見て引き返していたのだが、こんな穏やかな日は新しい景色を体が覚えるチャンスだった。

カヤックより2

風崎と大瀬崎の間は少し湾状になっているので比較的静か、その場所から大瀬崎を眺める。

このあと大瀬崎をまわり、西安室を見た。

何度も眺めていた加計呂麻の地図が実際自分が漕いでみる事により、体が地図を読み込んだ感じがして収穫だった。

大瀬崎の方が潮流が速く、大潮の日に間違っても来たくない地形をしていた。

帰りは予想通り簡単に帰って来れた。
静かな伊子茂湾に入ると急にお腹が空いてきて、おやつに持っていたチョコレートと黒糖を食べながら、楽しいパドリングは終了した。

時間はそんなに漕いでないけど、2日で40kmぐらい漕いだろうか。体はまだまだ漕げる感じなので、徐々に持久力をアップさせていき、加計呂麻の海岸線に沿って一周するぐらいは、簡単にやれるぐらいにしておきたい。

カヤックも素潜りも頂が高すぎて全く見えないが、少しずつ上に登る作業が登山の様で面白い。



ガス使わないで暮らそうかな?

今、節約生活に凄くはまっている。

日常生活で消費するお金をとことん少なくする事によって、

収入をできるだけ手元に残して、有効に投資しようという狙いだ。

特に節約しようとしているのは光熱費。

灯りはできるだけ消費電力の少ないタイプの電球に取り替えて、

燃費の悪い電化製品も替えていくつもりでいる。

のちのちには、ソーラーで電力を手に入れる流れも視野に入れている。

トイレもコンポストトイレに。


光熱費の節約という事になると、すぐにでもどうにかしたいと思っているエネルギーがガスだ。

我が家はボイラーが灯油なので、ガスを使うのが調理だけなのでそんなに多く使わない。

なのに基本料金がけっこう高い。

そこで本気でガスを断ち切って生活してみようかなぁ~と思い始めた。

なら、どうやってほぼ毎日自炊のご飯を作るかという事になる。

グーグルで様々な燃料のコンロなどを調べてみた。

そこで、やっぱり灯油が安いとなった。



MANASLU(マナスル) マナスル126MANASLU(マナスル) マナスル126
()
不明

商品詳細を見る


このマナスルというやつが、味があって良い感じだ。
キャンプにも使えるし有力候補。
これで料理していたら、毎日キャンプしてる感じがして楽しいに違いない。

TOYOTOMI 石油コンロ HH-S237ETOYOTOMI 石油コンロ HH-S237E
(2007/08/01)
不明

商品詳細を見る


この火鉢タイプのストーブも気になっているが、なんせ場所をとるのと、夏場にこれに火をつけていたら、めちゃくちゃ暑いのではなかろうか?
そして、夏場に使っている姿を近所の人に見られたくない。
でも、きっと凄いパワーだろうなぁ。購入しちゃうかも。

コールマン ツーバーナーコールマン ツーバーナー
()
不明

商品詳細を見る


灯油が絶対的に安いが、定番のコールマンツーバーナーを台所に設置すると快適だと思う。
ごちそうを作るときは、贅沢にホワイトガソリンを使うのが良いかと検討中。
これもアウトドアに持って行けるので、活躍機会が多いはずだ。

それ以外に、アウトドアのストーブがいくつかあるし、カセットコンロもあるので、やっていけるんじゃないかと思っている。
雨が降っていなければ、庭で焚き火という無料の手段もある。

目標は普通にキッチンで調理して、今までのプロパンガスの基本料金以下にすること。

たぶんできるんじゃないかと思っているけど、挑戦するのがワクワクして、計画している段階がとっても楽しいからブログに書いてしまった。

誰か良いアイデアある人がいたら教えて下さい。

タンカン食べたい人いますか?

最高に美味しいミカン『タンカン』の季節になりました。

この季節になると、両親や親戚などからタンカン送ってくれとの依頼がやってきます。

加計呂麻島に遊びに来ていただいたお客様からも送って欲しいとの声が寄せられていたので、ついでに欲しい人まとめて注文お聞きしようと思います。

タンカンは、その年の気候や農場によって味が違うのですが、けっこう美味しい農場から直送します。

それと、タンカンはカワ表面が美しくてサイズが大きい物ほど値段が高くなります。

しかし、味はほとんど差がないので、カワが綺麗じゃなくて大きさもばらつきがある様な安いタンカンを仕入れたいと思っています。(美しい一級品ご希望の方は、料金など後ほどメールしますので連絡下さい。)

そんなリーズナブルでとびきり美味しいタンカンを10kg送料込み3600円(関東価格)で発送します。関西は若干安くなります。
※農場の収穫状況により料金が変更になったり、品物のランクが変わる可能性もあります。

ご希望の方はlittlelife-kakeroma@abelia.ocn.ne.jpまでメールして下さい。

タンカンの発送は、1週間に1回木曜日か金曜日あたりに行います。

高知県本山町 白髪山にて

本山町最高峰の白髪山1470mに登ってきた。
登山道入り口まで、加計呂麻でも無いぐらいのデコボコ道を車で走らねばいけない。しかも慣れない雪道なので恐る恐るゆっくり運転して、なんとか谷に落っこちなかった。

雪足跡

動物の足跡しかない、しかも雪に埋もれた登山道を歩く。
シカの足跡みたい。


雪切り株

日向は雪が溶けていたが、標高が高くなるにつれ日陰の場所は雪の量が増えていく。

つらら

つららがあるぐらいなので気温はだいぶ低いのだが、運動量が多いのでとっても暑い。
久しぶりに雪を見たけど、つららも久しぶり。



山頂

山頂付近の風景
加計呂麻島では味わえない、こんな景色を求めていた。
超パノラマなので僕のデジカメには収まらない。

山頂2

山頂付近は岩場が多くなる。
豪快な岩場から見下ろす、周りの山々が美しかった。


Category :

四国へ

2週間の旅から帰ってきました。
寒さに適応するためか、食べて食べて食べた旅でした。
四国も大阪も美味しかったー。
おかげで、脂肪をたくさん身にまとい耐寒性アップして帰ってきました。

旅の前半は四国へ

青春18切符で大阪から高知県の本山町へと向かった。

瀬戸大橋を渡ったら、まずは讃岐うどん

にくうどん
この日は肉うどんがサービス価格で350円
うどんのこしはもちろん最高で、トッピングのかまぼこが激旨。
タクシーの運転手に教えてもらったお勧めの店、地元の人で込み合っていた。

ぶらり途中下車できるのも18切符の特権

電車
土讃線という電車で南下。

美しい里山の広がる日本原風景と山深い渓谷を見ながら乗る電車は、いっさい退屈しない。
素朴で自然豊かな場所の性か、乗客も朗らかで優しさを何となく感じる。
それと、電車オタクっぽい人達も高級カメラをかまえて乗っていた。
僕は子供座りして外の景色をずっと眺めていた。
単線なので電車待ちをしながら、ゆっくりと一両だけの電車は、山の中を走り抜けた。

車窓


Category :
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。