加計呂麻島の自然生活-Nature Life in Kakeroma Island-

奄美 加計呂麻島(カケロマ)の生活 シュノーケリング スキンダイビング シーカヤック エコツーリズム ドルフィンスイム フリーダイビング YOGA パーマカルチャー 水中写真 海の生き物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨時休業のお知らせ

クロユリ

久しぶりの臨時休業!!   期間 1月15日~30日

つまり、島から脱出しておもろい事しにいきます。

大半は寒い中、四国の山中に潜伏する予定

そして、大阪でアウトドアショップ巡り

色々と試着しまくったり(決して買わない)、ダイブショップで鋭い質問をして、店員を困らせてきます。

美味しい物も食べるぞー 

民博を隅々まで楽しむ

映画やライブも行きたいな~

本屋で立ち読み

タワレコでがっつり試聴

久しぶりの都会にウキウキしております。

メインは四国の山ですけどね。

それにしても書いてみて思ったんですが、僕のやりたい事は、とってもしょぼいなぁ。



スポンサーサイト

Little Lifeオリジナル加計呂麻島Tシャツ

ついに、Little Lifeオリジナル加計呂麻島Tシャツ作成プロジェクトが動きだした。

ちょっとしたご縁があって、とても近い距離の仲になった、

森ひろ子ちゃんイラストレーターHIROにデザインを依頼した。

多忙な制作活動の中、無理を言ってお願いしたので、これからやっと動き出すのだが、

まちがいなく、最高にかわいくて、最高にかっこいいTシャツが出来上がるだろう。

『加計呂麻島』と『Little Life』というロゴが入る予定。


「かけろま」という音の響き

島の空気感

その雰囲気にぴったりのアーティストだと思う。


Tシャツ制作の途中経過は、また報告するのでお楽しみに。

来年のLittle LIfeは、色々と新しい展開を仕掛けていきます。






ニンギョウベニハゼ発見

探していたベニハゼ

ニンギョウベニハゼ Trimma sheppardi

をやっと 見つけた。

生物を新発見した時の喜びは、やっぱりいいもんだ。

何百本潜っても何千本潜っても、この瞬間の感動を求めて潜り続けてしまう。


ニンギョウベニハゼ
ニンギョウベニハゼ Trimma sheppardi

アドレス引っ越し

ホームページアドレスの引っ越ししました。

http://little-life.com

リンクしていただいてる方、お手数ですが、リンク先移していただけたら嬉しいです。



ゆうひ4

人生最高の夕日は突然やって来る

今日もついていた。

なぜなら人生で一番の夕日を見る事ができたからだ。

朝起きた時、こんな夕日に出会えるなんて思ってもみなかった。

突然やって来た。




この夕日を超える日は、どこで訪れる事になるのだろう?

考えているとワクワクしてくる。










ゆうひ2

ゆうひ3

サンボ便!!到着

キスジカンテン

先日、シーカヤックと素潜りツアーに参加していただいたお客さんと、車でAnn Sallyをかけていたら、

Ann Sallyがお好きだという話になり、

サンボマスターが好きという話になり、

とっても良い野菜の種があるという話になった。

そして今日、僕の持ってないAnn SallyとサンボマスターとAnimal CollectiveのCDとオーガニック種が届いた。

気になっていたけど、あんまり聞いていなかったサンボマスターに感激。

熱くて、日本男児で、ロックしている。素晴らしい

こんな素敵なプレゼントを送っていただいたゲストに心から感謝

ちびはぜ
二科展に出した写真と同じシチュエーション。一眼レフ&ポジの様には写らないけどコンデジもまずまず。


夕日の道
水面から顔を出し瞬間、夕日が美し過ぎたので撮影。


新しき日本語ロックの道と光新しき日本語ロックの道と光
(2003/12/03)
サンボマスター

商品詳細を見る

貝殻拾いに、はまる予感

ひかり

昨日ご近所の民宿で、貝殻に魅了されている素敵な二組のご夫婦に出会った。

目をキラキラさせて貝の話をして下さって、

僕も楽しくお話を聞いていたら、なんだか面白そうになってきて、

見せていただいた、タカラガイの本が良い感じだったので、早速今日注文してしまった。

何かにはまっている人からは、凄いエネルギーをビリビリ感じる事ができて嬉しい。

タカラガイ・ブック?日本のタカラガイ図鑑タカラガイ・ブック?日本のタカラガイ図鑑
(2007/03)
池田 等淤見 慶宏

商品詳細を見る


綺麗な中身の無い貝殻だけ拾って喜んでいたのだが、その貝の名前や生態も覚えたらもっと楽しそうだ。

僕は、誰も踏み入っていないビーチにシーカヤックで行く事が多いので、真剣に探したらけっこう見つかるかも。

また島生活での楽しみが増えてしまった。

上の写真の様な美しいビーチを歩きながら宝探しなんて、考えただけでもしあわせです。







Photo さんぽ

大家さんに家賃を払いにいったのだが、あきらかに大家さんが家にいるのに、台所で何かしているのに、僕の声はとどかなかった。

夕飯時に行った僕がいけないのだ。

出直す事にしよう。

なので、カメラを持っていたからPhotoさんぽを楽しんだ。



ガジュマル

ガジュマル2

静寂

月

近所の猫 『グレー』

加計呂麻で会った事がある人も多いと思うので、ご近所のにゃんこ『グレー』の写真をアップ。

相変わらず元気いっぱい、ウグイスを捕まえてきた。

飼い主さんから「今度はチュー太郎にしてね。」と言われてた。


グレー

かっこいいぜ!!斉藤さん

僕がよく読む雑誌に頻繁に登場するシェルパ斉藤氏

アウトドアストーブの記事や料理などとっても参考にしていたが、特別な思い入れは特に無い感じだった。

しかし、シェルパ斉藤の家族旅行の記事を読んだら、めっちゃかっこいい父親だった。

なんか旅を極めているバックボーンから、懐深い余裕がにじみ出ていてかっこよかった。

今まで「シェルパ斉藤」と呼び捨てしていたのが申しわけないと思い、これから「斉藤さん」と呼ばせてもらうことにしよう。

先日、斉藤さん似の旅人を見かけたけど、本人だったのだろうか?
もしそうだったら話しかければよかったー。

僕は海岸に沿って歩くのが大好きなので、今度は海岸を歩くバックパックの旅を斉藤さんみたいにやってみようと思う。

海岸の散歩より
崖
岩によじ登って見下ろす海

水面
キラキラする水面が眩しかった



無色の風景

グレーの空

今日は北西の風が吹き、厚めの雲がかかったグレーの空模様。

いつもは夕日が綺麗な西の丘も、激しい波と東シナ海からのうねりが打ち寄せて真っ白。

このグレーと白の無色の景色が綺麗だった。



そして寒空の下、素潜りゲストとたっぷり海に浸かった。

ゲストがミューフィンだったので、僕も合わせて新調したてのミューで潜った。

やっぱり使いやすい。

深い所で頼りない印象があったが、水深20mぐらい潜っても余裕な感じ。

新品なのとカラーがホワイトだからか、反発力が充分な感じだ。

やっぱり、ミューというフィンは、色んなバランスが良い塩梅にできていると思う。

あと、マンティス5をレンタル用に購入したので、試したい方は言って下さいな。





40分の旅

たきび

神戸から大切な友達がやってきたので、キャンプにお連れした。←Little Lifeで最高のおもてなし

ただでさえ人の気配が無く、自然が色濃い加計呂麻島なのだが、お気に入りの秘蔵キャンプポイントへ。
すると、僕達以外に人の気配が完全にゼロになり、イノシシの気配が4になった。

前回までのマーキングの効果が無いみたいで、イノシシとの縄張り争いも劣勢気味の様だ。

イノシシにビビりながら流木を集めて火を起こし、ダッチオーブンで釣った魚や肉を調理して、ワインを飲む。

静かに打ち寄せる波の音

次々と流れ星が目に飛び込む

人工的な物が何も無い場所で、必要最低限の物だけ持って過ごす時間。

近頃こんな旅が贅沢だと思う。

わずか40分のパドリングで素晴らしい旅を楽しんできた。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。