加計呂麻島の自然生活-Nature Life in Kakeroma Island-

奄美 加計呂麻島(カケロマ)の生活 シュノーケリング スキンダイビング シーカヤック エコツーリズム ドルフィンスイム フリーダイビング YOGA パーマカルチャー 水中写真 海の生き物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不思議な生き物

イソギンチャク

色、質感、デザイン、動き、摩訶不思議。

海にいても異質な雰囲気、こんな生き物が道端にいたらビックリするだろうな。






スポンサーサイト

アキ・カウリスマキ

フィンランド映画『街のあかり』を観た。監督アキ・カウリスマキ
カメラワークはかなり好きだ。
編集が独特で斬新。
不自然な所もあるが、何とも言えない味がある。
ヘルシンキの暗い部分と不思議な世界を見させてもらった。
同じ監督の『過去のない男』も借りる予定。

このDVDの予告に入っていた、『ボルベール』も借りる予定。
ペドロ・アルモドバルという監督も気になって仕方ない。

今手元にデヴィッド・リンチの『ロストハイウェイ』も借りてある。明日のお楽しみ。

面白い映画を探すの苦手なので、誰か教えて下さい。

巨大エビに遭遇

ありえないサイズのエビが目の前にどかーんと現れた。
ちょっとした溝に隠れているつもりらしいが、ほぼ丸見え状態。
僕は、じっとして様子を見ていたら、触覚を動かしながら、こっちに近づいてくる。
もしかして、エサだと思ってる?
少しビックリして、僕が触覚をおさえたら、エビもあわてて凄い勢いで逃げていった。

ニシキエビというイセエビの仲間。ちなみに食べたら美味しくないらしい。
体だけで70センチぐらいあっただろうか。
最近デジカメ持って潜る事がめったにないのだが、たまたま持っていたので撮影。

冬なのでお客さんが少ないけど、毎日潜っている。透明度は安定して20m以上抜けているし、水温も21℃と我慢できる範囲。
このエビとの遭遇も衝撃的だったが、今日のダイブで久しぶりにシャープアイドワーフゴビーを発見。同じ場所にハナゴンベの幼魚も見つけたりと、やっぱり、頻繁に海に潜っていると良い出会いがあるもんだ。


ニシキエビ
見つけた瞬間

ニシキエビ2
逃げていくシーン

調和 ガイアシンフォニーより

龍村仁さんの映画『ガイアシンフォニー』を観てから、自分の中で何かが変わりつつあった。

それは、『調和』を意識し始めたという事と、調和する喜びを味わえる場所に住んでいるという事の認識かもしれないと思っている。
僕があたりまえにやっていたカケロマ島での生活から次のステップとして、自然との調和、自分の調和を意識した生活へ向かっていきたいと思ってきている。
ここには幸い、青い海、豊かな森、満天の星空、透き通った空気がある。


ガイアシンフォニーで登場する人物は誰もが素晴らしいが、生死の縁を体験したラインホルトとジャック、それにあまりに偉大だと感じてしまったダライラマ14世の言葉を紹介したい。

ラインホルト・メスナーの言葉
『スピリット(霊性)、マインド(知性)、ボディー(肉体)の調和こそ人間本来の姿である』

ジャック・マイヨールの言葉
「大自然の大気中には、全ての生命を生かしている見えないエネルギー、プラナが満ちている。このプラナをスムーズに体内に取り入れる事に依って、最大限の生命力を発揮できる。」
「呼吸は、大宇宙の母と、その子宮の中で育まれている私達とを結ぶ、へその緒の様なものだ。」
「イルカは高度な“知性”を持ちながら、自然と完全に調和して生きている。その生き方から学ぶことに依って私達も、自然と調和する道を知ることができる。」
「鯨達との交感に言葉はいらない。コミュニケーションではなく、ハーモニーするのだ。」
「推進100メートルの青い静寂の中で聞こえる音がある。それは、音というより、宇宙の大いなる生命の響き、ヨガのマントラ“オーム”に似ている。

ダライ・ラマの言葉
「あらゆる事象は心より生じている。」
「利他、慈悲、共生は、人類の魂の本来の性格である。全ての人々がその事にめざめる事こそ、今後も必要なことなのだ。」
「心=意識にも様々なレベルがある。普通私達が自分の心だと思っているものは、 もっとも粗いレベルの心であり、それは肉体の消滅とともに消滅する。
 しかし、極微のレベルの心は、永遠に消滅する事はない。輪廻転生するのは このレベルの意識である。」


彼らのメッセージは、僕の暮らしにとても刺激的に伝わってくる。
とりあず今年の抱負は スピリット 、マインド 、ボディーの成長をしたいのと、地球交響曲が聞こえてくる様なカケロマの生活を楽しみたい。

オリジナルポストカード 完成

ポストカード


年末から作成準備をしていた、Little Lifeオリジナルポストカードが完成しました。

全て撮影場所は加計呂麻(カケロマ)島です。

☆於斉のガジュマル

☆ヤギの親子、子ヤギが生まれた直後

☆サンゴの群生

☆テーブルサンゴに太陽の光が射している光景

4枚セット500円で販売します。

加計呂麻と奄美大島のお土産物屋さんに置いてもらう予定です。
奄美以外でも置いていただけるお店がありましたら、よろしくお願いします。

もちろん我が家にも置いてますので、買いに来ていただいた方には、レモングラスのお茶でもサービスいたします。

通販は、2セットから送料無料で考えています。

問い合わせは、Little Life のメールかTelでお願いします。

天敵 消えた?

m22


年が明けたぐらいから、最強の天敵カタツムリがほとんど見かけなくなった。
あんなにたくさんいて、野菜の芽や弱い葉っぱを食べまくっていたのに。←強い葉っぱは食べられない
彼らにやられた損害は大きい。
特に種を蒔いて芽が出てきた頃に、カタツムリの季節と重なってしまい食べられてしまった。
一年後は、この天敵の出現季節を考慮して種蒔きする事にしよう。
畑をやっていると、少しずつ賢くなっていく。

穫ったばかりの無農薬無化学肥料の野菜を食べれるのは、とってもうれしい。


情熱

17


昨晩のNHKスペシャルでクライマー山野井夫妻がグリーンランドの岩壁を登攀する姿が映っていた。何日も前から楽しみにしていた番組だ。

僕は全神経を集中させてテレビにかじりついた。

彼らの生き方は、究極に純粋であり、見ている自分は鳥肌が立ち震える様な衝撃が走った。

身体が壊れても魂は山に向かう姿は、人間の枠を超えている。

山野井夫妻の神がかった登攀と生き方から、莫大なパワーをもらえた事に心から感謝したい。



情熱的に生きている人の眼は、信じられないぐらい輝いていた。
あんなに眼を輝かせて自分の道を進んでいる人は、そう多くないと思う。
社会の流れに乗っていると、あっという間に時が過ぎて、歳を重ねていってしまう。
輝いた自分の生き方をしたいものである。


今年もよろしくお願いします。

15


あけましておめでとうございます。
今年も、より心地のいい加計呂麻時間を過ごしてもために、お役に立ちたいと思っています。
よろしくお願いします。


今年は真冬も島に滞在して、たっぷりある自由な時間を自分のライフワークを深めるのに使うつもりです。
訪れるお客様も大歓迎なので、冬の加計呂麻島をゆっくりご案内します。

今年も6月に御蔵島ドルフィンスイムツアーを予定しています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。