加計呂麻島の自然生活-Nature Life in Kakeroma Island-

奄美 加計呂麻島(カケロマ)の生活 シュノーケリング スキンダイビング シーカヤック エコツーリズム ドルフィンスイム フリーダイビング YOGA パーマカルチャー 水中写真 海の生き物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晴れた日は無人島へ

加計呂麻島の沖には、いくつかの無人島がある。

海が静かな日は、シーカヤックで無人島まで漕いで行く。
自分が住む島を漕ぎ出し、己の力だけで別の島に辿り着くという行為は、満足感とか達成感とか充実感とかが一斉に打ち寄せる。

そして、小さな対岸の島から、青い海と緑の山々が連なる加計呂麻島のパノラマの風景を独り占めするのでした。

140119b

140119

スポンサーサイト

極上の昼寝はいかが

Little Lifeのシーカヤック1DAYツアーでは、日陰ができる美しいビーチに上陸して、ランチタイムをゆっくり楽しんでいただいております。
ランチのあとは、お昼寝が心地良い。
極上のお昼寝スポット用意しました。

木陰に寝転ぶと、緑に包まれた部屋の様になり、木漏れ日がとっても綺麗です。
120720

120720b

かみさまの住む島だから

昨日のシーカヤックツアーは、加計呂麻島の神様が降りて来た。
完璧な青空。クリアーな水の色。降り注ぐ太陽の光。潮の干満が創り出す不思議な光景。
極めつけにイルカとウミガメが同時に現れた。

島に住んでいる僕でも、ほんとうに美しいと思う1日だった。
またこんな日に、大切なゲストと一緒に過ごせて、加計呂麻の神々に感謝する気持ちでいっぱいです。

120409

120409b

夏の海に漕ぎ出す

090811

夏らしい、青い空と青い海と白い雲

海の真中で風に吹かれて、優しく揺れる気持良さを知ってしまうと・・・


現場で捕獲せよ!!

シーカヤック1DAYツアーにて、昼ご飯を現場で釣って焚き火とダッチオーブンで調理して食べるという、超ワイルドで、へたするとおかず無しで寂しいランチになってしまうという、かなりプレッシャーのかかるツアーを実験的にやってみた。常連さんに付き合ってもらった。

すると、毎回ちょうどいい具合に魚が釣れてくれる。
これはレギュラーでいける?

この日は、豪快アクアパッツァ、カルパッチョ、トマトパスタとイタリアンメニュー。
青い海と青い空を眺めながら食べる昼食は、シアワセでした。


ランチ07


水平線を漕ぐ

東シナ海

今年から加計呂麻島の東シナ海サイドの外洋をシーカヤックで積極的に漕いでいます。

大海原に点在する島々や岩、水平線を眺めて、荒々しい岸壁を通り抜ける迫力。
野生のイルカに遭遇する事も。

加計呂麻島の中でも最もディープな西のエリアでは、パドリングしてすぐに圧倒的大自然がある超ワイルドなエリアです。

初心者でも行けるコースもあるので、今年からカヤックツアーでご案内しています。
冬は大時化となりますが、夏は凪の日も多い外海です。

春のシーカヤック

ここ最近、カヤックに最適な気候が続いている加計呂麻島。

静かな海に爽やかな気温。

ビーチには綺麗な貝殻がたくさん流れ着いている。

秘密の砂浜で焚き火をしたり、ご飯を食べたり、コーヒーを飲んだりと楽しく過ごしております。

カヤック

イルカとウナギとイノシシと

10月18日、曇り空で爽やかな風のシーカヤック日和。

ゲストと一緒に外海の海岸線を1dayパドリングツアー。

スタートして30分、誰もいない静かな水面で突然生き物の気配。
イルカの群れだ!!
自分達が風上にいたのでブロー音が聞こえず、突然いくつもの背びれが突き出した。
静かなカヤックの存在にイルカ達は気がついていない様子。
カヤックの前に姿を見せてくれた。
エサを追いかけているのか速いスピードで、移動していった。

むき出しの岩の絶景を抜けて、ランチポイントに上陸。
ここは清流が流れ込んでいる小さな美しいビーチ。
ゲストと一緒に、清流に足をつけて川の生き物ウォッチング。
すると、巨大ウナギ発見!!
とにかく太くて、素手でつかむのが怖いぐらい大きい。
捕まえるわけではないけど、近くで見ようと追いかけ回したので、ウナギもあたふたしていた。

川と海を見ながらランチ。そのあと、至福のコーヒータイム。
常連の文鳥大好きなご夫婦さんから、とんでもなく美味しいコーヒーをいただいてビックリ。
それから、コーヒーにはまりつつある近頃。
食後のアウトドアコーヒータイムは幸せの時間。

ランチタイム

それから、昼休みに1人で、もういちど川の生物観察。またウナギを見に行った。
もちろん、ウナギも見れたんだけど、陸上で動物の気配。
なんと、今度はリュウキュウイノシシ登場!!
人間が訪れないこの場所で、初めて人間に遭遇した感のあるイノシシ。
あわてて逃げるわけでもなく、ゆっくりと茂みに消えていった。

午後からのパドリングもさらにワイルドな外海の景色が続く。
水平線と空と森に囲まれた原始の風景の中、素晴らしいシチュエーションで、またまたイルカと遭遇。
風、波、空の色、静寂の森、全てがシンクロした状態でのイルカとの遭遇は、自分が感じた事のある感動を越えた瞬間でもあった。
自然の中では、想像を超える瞬間が突然降ってくる。
しばらく水面に浮かび、イルカの群れを眺めていた。

風景


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。