加計呂麻島の自然生活-Nature Life in Kakeroma Island-

奄美 加計呂麻島(カケロマ)の生活 シュノーケリング スキンダイビング シーカヤック エコツーリズム ドルフィンスイム フリーダイビング YOGA パーマカルチャー 水中写真 海の生き物

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ引っ越しのお知らせ

加計呂麻島の自然生活は、『加計呂麻島の楽園生活』となり移転しました。

豊かな生活の追求は、次のステップに入りたいと思います。

スポンサーサイト

見えている風景

本気で海と向き合い暮らして、年月を重ねていると、見える風景が変化してくる。
同じ風景がより立体感があり、背景が深く捉えられ、より細部まで眼に映る感じだ。
見えなかったモノが見えてくる。眼だけじゃなく感覚全てが鋭くなる。
僕がこの島に移り住んで10年目、歳をとるにつれ、これから先どんな風景が見えるか楽しみだ。

先日出会った素敵な方と話をしていたら、こんな話がポロッと出て来た。



光と透明度と風のバランスにより、そのタイミングの海が見える。
120515

Thelonious Himself

Thelonious HimselfThelonious Himself
(1991/07/01)
Thelonious Monk

商品詳細を見る


今日は灰色の空。

Thelonious Monkを聞きながら部屋と家庭菜園を行ったり来たりしている。

穏やかな時間が流れている加計呂麻島。

透明な海

シュノーケリング

透明度の高い状態が続いている。加計呂麻島の森が豊かになってきているから海が元気になっているのだろうか。

海藻、プランクトン、イカの子供達、アオウミガメ、どれも今年は勢いを感じる。

みんな繋がっているから、良い方へ進み出すと、みんながハッピーになる生態系って面白い。


加計呂麻トレイル開拓中

2月のマウイ島ハレアカラの影響が強く、シンプルで自然の中に入り込めるトレッキングという遊びが最高に面白いと、改めて感じている。

こんなに楽しい事は、加計呂麻でもやらないわけにはいけない。と思いアンテナをはっていた。

早速アンテナが反応。

ワイルドな環境にある巨大ガジュマルを見に行くルートと、綺麗な沢にそって原生林の中に踏み込めるルートが面白そうだとなった。

そして、今日友達と一緒にこの二カ所を歩いてきた。

ガジュマルに登り、木の上から森を見渡す爽快感。

森の中で沢の水を酌み、アウトドアストーブでお湯を沸かし、黒糖をかじりながらドリップコーヒーで一息。
透き通る沢のせせらぎと森の命に囲まれる幸福感。

松が枯れて原始の森が再生しようと、エネルギーに満ち溢れている加計呂麻の森。

裏山の沢の水が飲めるぐらい綺麗な加計呂麻島、本当の意味で豊なんだと思う。

加計呂麻トレイル、かなりいいかも。

がじゅまる
ここをLittle Lifeの秘密基地として開拓していきます。
ガジュマルでボルダリングもやっていくつもり。
楽しい遊び場所になる予感。

ヒカゲヘゴ
シダ好きにはたまりません。

コーヒータイム
いつもだったらJETBOILを持っていくんだけど、新兵器MSR PocketRocket とトランギアのケトル。
美味しいコーヒーを飲むにはこの装備がGOOD。

~加計呂麻の自然を守ろう~森林伐採に反対する加計呂麻住民の会

海岸線

新緑の森や、青い海、満天の星空、白砂のビーチが美しいと感じる人達だったら、チップ工場なんて発想が生まれなかっただろう。

~加計呂麻の自然を守ろう~森林伐採に反対する加計呂麻住民の会のホームページとブログができました。
ホームページからリンクしているブログで最新のニュースをアップしています。
このブログともリンクしました。

~加計呂麻の自然を守ろう~森林伐採に反対する加計呂麻住民の会   

第3次の署名も受け付けておりますので、よろしくお願いします。


加計呂麻島 森林伐採反対

ハワイから、何とか凍え死ぬ事もなく、クジラに接触してケガする事もなく、無事に加計呂麻に帰ってきました。

一般的なイメージのハワイとは、まるで違う旅となったのです。

イルカの群れに入り込みいつまでも一緒に泳ぎ。

日が沈む頃、溶岩の上を歩き、マグマで燃える赤い空をみて。

ザトウクジラがあまりに近くて、カヤックがひっくり返されるかと本気で感じ。

何頭ものクジラが眼の前でブリーチングを繰り返し。

雲の上のハレアカラで、凍ったテントの中で寒さに怯える。

全ての素晴らしい体験は、人生の財産になったと確信しています。




そんなハワイから加計呂麻に帰ると、とんでもない問題が発生していました。


なんと、加計呂麻島にチップ工場を建設する計画が動き出していて、それが動き出すと島の47%もの原生林が伐採されてしまうそうです。

素晴らしいハワイトリップの記事を詳しくブログで掲載したかったのですが、すでに動き出している
『加計呂麻の自然を守ろう 森林伐採に反対する加計呂麻住民の会』
に加わり、森林伐採をストップする事に力を注ぐつもりです。

僕は、うらしま太郎状態で、愛する加計呂麻の自然が危機に面しているというのに、あわてて現状把握をしている段階です。

詳しい事は、様々な方達がブログなどを通じて、ずさんなチップ工場の全貌と反対活動の記事を掲載しています。

「加計呂麻島 チップ工場」 「加計呂麻島 伐採」などで検索をかけて頂くと多数ヒットします。

現在は、署名を集める事が有効な状況であり、できるだけ多くの方にこの事態を理解していただき、署名を集められたらと思い、このブログにも加計呂麻島チップ工場反対の記事を掲載しました。

署名用紙は下のアドレスからダウンロードできます。お手数ですが用紙(お願い文と署名用)をプリントしていただき、住民の会もしくはLittle Life天野博之まで送って下さい。
http://www21.atwiki.jp/savekakeroma/pages/20.html


「森があって、川が流れて、海に繋がって、また森に雨を運んで、全てが関わり合っているから大切だと思うんです。だから美しいと思うんです。」


これからの加計呂麻島の未来50年後100年後と考えた時、樹齢何百年の広葉樹の森を今破壊する事で、未来の加計呂麻島は悲しい姿となるでしょう。

また、ここで森林伐採を止める事ができたら、新しい才能が芽生え出そうとしているこの島で、未来の可能性は充分にあると思っています。



お休み期間いついて

1月23~2月19日加計呂麻島でのサービスをお休みさせていただきます。
お友達ヨギーニmimoのハワイ島YOGAツアーのサポートスタッフをする事になりまして、ハワイ島に行きます。そのあと、ハワイの島々をいくつかアイランドホッピングするつもりです。
ハワイ島では、mimoとインド人のスシル君のスピリチュアルなYOGAをベースにスキンダイビングやトレッキングの日々を過ごす予定です。


奄美からの移動などを含めて1月23日~2月19日まで加計呂麻島でのサービスはお休みさせていただきます。また1月28日~2月16日までハワイにいるので、メールの返信ができない場合がございます。ご迷惑おかけします。2月20日~の予約は受け付けています。よろしくお願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。